2020.9.4

クックパッド、「たのしいキッチン事業」を本格化

関連事業者とのコラボでリノベ事業など展開

クックパッドは、2020年から「たのしいキッチン事業」を本格化させている。関連事業者と連携しながら、不動産情報サイトの開設やリノベーション事業に乗り出している。


独自の「たのしいキッチンスコア」により、キッチンの充実度が一目で分かる不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」

クックパッドでは、料理レシピサービスの運営をはじめとして、毎日の料理を楽しくする事業に取り組んでおり、その一環としてキッチン環境をより快適に、より使いやすくすることを目指し、「たのしいキッチン事業」を展開している。

2020年2月にはサービスの第一弾として、グッドルームと提携し、理想のキッチンが見つかる不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」を開設した。キッチンの詳細情報が掲載されており、例えば「3口コンロ以上」、「魚焼きグリル付き」、「大型冷蔵庫対応」、「広々調理スペース」、「広々シンク」といった条件から物件を検索することができる。

また、独自に開発した「たのしいキッチンスコア」により、キッチンの充実度の評価がひと目で分かるようになっている。この「たのしいキッチンスコア」は、クックパッドが蓄積したノウハウなどを生かして、定量的にキッチンの充実度を評価するもの。評価結果は「KiT」という単位のスコアで明示される。同社たのしいキッチン事業部の渡部一紀部長によると、「キッチン単体ではなく、あくまでもキッチン空間の評価をスコア化している」という。

現在、「たのしいキッチン不動産」は首都圏に限定し、約200件の物件情報が掲載されており、今後は全国展開への検討を進めていきたい考えだ。

個人向け、賃貸オーナー向けのリノベサービスも

新型コロナの影響でキッチン空間を充実させたいというニーズが増加してきている」と語る渡部部長

「たのしいキッチン住宅」として、リノベーション事業にも進出している。グッドルームとは、賃貸住宅のリノベーション事業をスタートさせた。賃貸住宅オーナーにキッチンのリノベーションを提案し、先述の「たのしいキッチン不動産」に情報を掲載することで、料理好きな入居者への訴求力を高めていこうというものだ。

一方、中古住宅購入からリノベーションまでをワンストップで展開するWAKUWAKUとは、個人向けのリノベーションサービス「たのしいキッチン住宅おうちリノベ」を提供。いずれのサービスについても、クックパッドが工事などを行うのではなく、プランニングなどの部分で「たのしいキッチンスコア」の開発などで培ったノウハウを生かした提案活動を行っている。

「新型コロナの影響で、自宅で料理をする機会が増えており、キッチン空間をより充実させたいというニーズが増加してきている」(渡部部長)と同社では見ており、今後も関連事業者と連携しながら住宅・不動産分野の事業展開を拡充していきたい考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る

関連記事