住宅 |  2020.7.29

パナソニック ホームズ、全館空調システムの展開強化

賃貸併用住宅の自宅部分にも

パナソニック ホームズは、HEPAフィルター搭載の全館空調システムに、賃貸併用住宅の自宅部分でも対応ができる「エアロハスM」を追加した。


同社は、2017年に低層住宅向けに、地熱利用とパナソニック製ルームエアコンをベースとした専用エアコンを組み合わせた全館空調システム「エアロハス」を展開。これまでに累計で1981棟に採用されている。都市部では、土地活用の観点から低層階に賃貸、上層階に自宅を設ける賃貸併用住宅への人気が高いことから、全館空調システムの提案の幅を広げるために、今回新たに「エアロハスM」を投入した。

「エアロハスM」による換気・空調のイメージ(冷房時)

エアロハスMは、外気導入において外気中の花粉やPM2.5などの汚れ(2.0㎛以上の粒子)を約95%集塵する「給気清浄フィルターユニット」と換気時の熱ロスを抑えて新鮮な外気を効率よく取り入れる「熱交換気ユニット」を組み合わせ、天井裏に設置。外気導入を経た室内搬送空気は、パナソニック製ルームエアコンをベースとした専用エアコン(1台)を組み込んだ「空調ユニット」を通り、超高性能HEPAフィルターでハウスダストなどの浮遊する微粒子(0.3㎛)を99.97%除去・浄化した上で、各部屋に供給される。各部屋の屋内空気は「空調ユニット」に戻り、居室内を循環する。こうした技術を使いながら、24時間365日、家じゅうの空気環境を安定した温度と清浄に保つことができる。

在宅勤務の増加で空気環境に関心も

同社は、HEPAフィルターを搭載した全館空調システムは業界初という点を強調する。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、企業の在宅勤務導入が増加し、住まい手の空気環境への関心が高まっているためだ。パナソニックが4月に実施した「在宅勤務で気になった住環境の課題に関する調査」によると、在宅勤務で気になった住宅内環境の上位は、「ほこり」や「風通し」、「汚れ」、「気温」、「空気の滞留(よどみ)」など。約4割が「空気環境によって業務に集中できなかった」と回答した。「新しい生活様式」では、これまで以上に、自宅の空気環境が重要になるとみられている。

今回、エアロハスMを投入したことで、同社は「低層住宅から多層階住宅まで全館空調システムの提案をより一層、加速させ、全館空調システム全体で、年間約930棟の受注を20年度で目指す」としている。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る