2020.6.15

住宅産業から“新しい生活様式”を 

今、ポストコロナの“新しい生活様式”が求められている(写真はイメージ)

積水ハウス住生活研究所の「在宅中の家での過ごし方調査」によると、6割超えの人が在宅時間の増加で「ストレスが増えた」と回答した。在宅勤務をしている人の在宅時間増による不満は「運動不足」、「家庭でのストレス」、「家計の出費」がトップ3である。

また、アクトインディが行った調査では小学生以下の子どもを持つ保護者の9割がストレスを感じ、感染に関する不安以外では「遊びや旅行に出かけられない」、「家族が家にいる時間が長くなる」などの回答が多い。また、子どもにとっても「お出かけ施設に遊びに行けない」、「運動不足になっている」、「長時間家にいる」ことがストレスという結果だ。
家にいること自体がストレスになっている…これはある意味、悲しいことではないだろうか。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る

関連記事