【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2020.5.29

ハウジング・トリビューン Vol.599(2020年10号)

コロナ禍のなかで…

かつてない試練の時
住宅産業はどこへ向かうのか

5月14日に政府は39県の緊急事態宣言を解除、21日には近畿3府県で解除となるなど長かった混乱の出口がやっと見えてきた。
とはいえ社会が落ち着きを取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうだ。
この5カ月の間に何が起こったのか、この災禍の先に何があるのか──
住宅産業の視点から追った。

ハウジング・トリビューン Vol.599(2020年10号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

HTʼS EYES

おうちに足りないものは?
テレワーク定着で、新ビジネスの可能性

コロナ禍のなかで…

INTERVIEW

ウッドステーション 塩地博文 社長
大型パネルは住宅市場全体に有効な手段 インフラ整備加速で10万棟市場に

ジブンハウス 内堀雄平 社長
オンラインでの住宅販売はVRなどプレゼンツールが重要

TOPICS&NEWS

令和元年度の新築住宅着工5年ぶりに90万戸割れ
建材・設備メーカー オンラインのアプローチを強化
厚労省、建築物の解体・改修時の石綿対策見直し

大手ハウスメーカー・大手不動産デベロッパー2020年3月期決算

連載

新・住まい学【後編】 ライティングセラピーと住まい スキャンデックス 取締役COO 伊東久美子 氏
金丸レポート【田舎再生の現場から】 case.7イタリア・エミリア=ロマーナ州その② 食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏
近年の住宅部品の実態を観る(第6回) ハウジングトリビューン特別編集委員 村田幸隆 氏
国産材を活かす 林業は成長産業になれるか⑪ 林材ライター 赤堀楠雄 氏

感染対策で空間除菌の提案が活発化

オーデリック 次世代型高演色LED照明の販売を開始

資格取得で魅力ある提案を 今、住宅営業に求められる資質とは?

CLOSE UP

PLT 中長期計画を策定 2030年の売上高1兆2000億円に 町おこし事業者を目指す
ポラスグループ・中央グリーン開発 植栽のワークショップを「Zoom」で開催

FLASH

積水ハウス 全国の展示場に再生可能エネルギーを供給
住友林業 2時間耐火構造の木質柱梁部材を開発
ポラスグループ・中央ビル管理 賃貸住宅の修理依頼や相談スマホで簡単に
フリーダムアーキテクツデザイン 住宅BIMのコンサルサービスを開始
断熱建材協議会 省エネ性能の説明義務化へ向け 断熱材の熱貫流率表を策定
野原住環境 3Dで住宅展示場を再現 非対面型のアプローチを支援
大阪ガス グローバルベイスを子会社化 マンションリノベ事業に参入
パナソニック ライフソリューションズ社 宅配ボックスの訴求を強化
sogno 安価・迅速に3DのVR画像を提案
(一社)住宅生産団体連合会 住宅業界の感染予防ガイドラインを策定

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る

関連記事

農作業で都市生活者のストレス低減を 住宅分野での活用に期待

順天堂大学大学院医学研究科 緩和医療学 協力研究員 千葉吉史 氏

2022.1.14

【2022年の“注目”住宅マーケット:デジタル田園都市】郊外・地方で開発が加速

郊外・地方でデジタル実装のまちづくりが活発化 政府推進で開発が加速

2022.1.13

【2022年の“注目”住宅マーケット:居場所づくり】コロナ禍を経て選択肢が広がる

コロナ禍を経て生まれる新しい暮らし方 移住、多拠点居住、ワーケーションなど選択肢が広がる

2022.1.6

【2022年の“注目”住宅マーケット:ZEH】分譲、共同住宅へも広がりが

課題解決が進み市場が拡大 戸建分譲、共同住宅の市場も動き出す