お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2020.4.24

キーテック 天然木突板シートの不燃内装材が進化

不燃認定を追加取得 曲面にも簡単に施工可能

キーテックは、天然木・LVL積層面の突板をシートにした不燃内装材のラインアップを拡充した。薄いグラスロックを基材とした不燃認定を追加取得。曲面デザインを簡単に実現する。


平面だけでなく、曲面やL 字型に貼ることができるバームクーヘン。基材にタイガーグラスロックを使用ことで、容易に曲面へ施工できる

キーテック、吉野石膏、ビッグウィル(徳島県三好郡、近藤清美社長)は天然木・LVL積層面をシートにした不燃内装材のラインアップを拡充し、「バームクーヘン」という製品名で製造・販売を開始した。

従来、基材に石膏ボード、金属板、アルミ板を用いた不燃認定を取得し、「キーラム不燃シート」として販売してきたが、今回、新たに吉野石膏のガラス繊維入り石膏板「タイガーグラスロック」を使用した不燃認定を追加取得し、石膏ボード、金属板、アルミ板の基材のものも含め、「バームクーヘン」と名称を一新した。

タイガーグラスロックは、厚みが5mmと薄く、曲げることができ、平面のみならず、曲面デザインを容易に実現できる。

現場にあらかじめ貼られたグラスロックに、バームクーヘンを現場で貼る施工方法と、工場でグラスロックにバームクーヘンをあらかじめ貼った化粧パネルを現場で取り付ける施工方法の2つの施工方法で、不燃材料の大臣認定を取得している。吉野石膏がタイガーグラスロックを供給し、厚さ0.2mm〜0.4mmの極薄の天然木突板シートの製造技術を持つビッグウィルがバームクーヘンまたは化粧パネルを製造、キーテックが総販売元となる。

また、今回、デザインも大幅に拡充し、スギLVL積層面のほか、天然木(吉野スギ、吉野ヒノキ)、ホワイトオーク、チェリー、エボニーなどの積層木11種類、アルピリューム3種類の計17種類をラインアップした。

木造建築では、火災が起こった際の火災の拡大を抑制し、安全に避難できることを目的に、建物の規模、用途、地域などによって内装制限がかかる。構造部材を石膏ボードで覆うことで木造耐火建築を実現できても、内装制限により室内に木材をそのまま使用することはできない。「バームクーヘンと石膏ボード・タイガーグラスロックの組み合わせで、室内を天然木で演出でき、内装木質化の問題を一気に解決できる」(吉野石膏)。

バームクーヘンをPR する(左から)ビッグウィルの近藤社長、キーテックの中西社長、吉野石膏DD センターの島崎取締役

「これまでもキーラム不燃シートを用いて内装木質化を図ることはできたが、曲面などに施工することは手間がかかり大変だった。タイガーグラスロックを使用した不燃認定の取得により、曲面への施工が容易になることは大きな進歩」(キーテック)。アイディア次第で内装木質化の可能性は大きく広がりそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事