住宅 |  2020.4.22

ポラスグループ・住宅品質保証 “木でできた”本社屋完成

フリーアドレス導入、働き方改革を後押し

住宅品質保証は、住宅の引渡し前の品質検査、定期巡回サービスによるアフターメンテナンス業務、地盤調査などの事業を手掛ける。埼玉県越谷市に完成した本社屋は、延べ床面積1726平方メートルで、地上3階建て。ポラスオリジナル合わせ柱・重ね梁、CLT耐力壁の木質構造の準耐火建築物だ。設計は、ポラテック事業推進部一級建築士事務所で、ポラス暮らし科学研究所が技術協力。ポラテックとポラスハウジング協同組合が施工した。

床や柱などふんだんに木が使われている本社屋

隣接するポラテック本社ビル「ウッドスクェア」と同様に、外壁の一部をカーテンウォールとして、本来隠れてしまう部分を積極的に見せるファサードとすることで、木でできたビルを直感的に認識。木の持つ温かみと、力強い構造美を併せ持つ特徴的なデザインとなっている。

木でできたビル――。正面玄関をくぐると、エントランスに数多く並べられた木のテーブル上に、本社屋を説明する、こんなプラカードが置いてある。床や柱など周囲を見渡すまでもなく、たくさんの木が目に入る。木が客を歓迎しているようなつくりだ。

フリーアドレスを採用し、働き方改革を後押し

オフィス環境は、働き方改革を推進するため、フリーアドレスを採用。毎日、座る場所を変えながら業務への集中力を高める男性社員。立ちながらパソコンで作業する女性社員の姿もあった。「固定席より、仕事の効率が上がった」と話す男性社員もいた。オフィス内部にも、木の現しがいたるところにあるのが印象的だ。

生産性アップを確信

高橋一郎社長の話

あいさつする高橋社長

今回の新本社の建築だが、もともと先代の中内俊三が20数年前に考えていた。長い年月をかけて実現し、感無量だ。新社屋はポラスらしい建物として仕上がった。フリーアドレスを採用。集中モードやリラックスモードなど気持ちを切り替えながら、その時々の状況に合わせて仕事ができる環境を整備。極力、物も減らし、効率よく、快適に仕事ができるよう工夫しており、生産性もアップすると確信している。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る