オピニオン |  2020.4.20

在来木造を次のステージに

2020年4月から、民法の大幅改正により、「契約不適合」に対する規制が強化される。設計図通り施工されていない、施工不備により本来備えているはずの性能に達していない、ということに対して、今後さらに厳しい目が向けられる。

3月24日、新潟県内で、大型パネルを活用して上棟した現場。YKK APは、東北製造所で製造した大型パネルを初供給した

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目