【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2020.2.28

ハウジング・トリビューン Vol.594(2020年4号)

"チャイルドイノベーション"のチカラ

子ども視点が住まい・まちを変える

子どもを取り巻く環境が大きく変わってきている。

小学生からの英語教育義務化やプログラミング教育、大学受験改革、共働きの増加による学童問題…など枚挙にいとまがない。

この変化が子育てにも少なからず影響を与えている。創造性を育ませようと自主性や自立性に目を向けたり、生活上の安全に気を配ったりなど。こうした子育ての変化を、住宅の中にどう落とし込んでいるのか。

子ども視線を取り入れ、これまでと違った住まいを提案するチャイルドイノベーションとも呼べる動きの最前線を追った。

ハウジング・トリビューン Vol.594(2020年4号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

不測の事態に底力が試される
子ども視点で住まいを改革

子ども視点が住まい・まちを変える
"チャイルドイノベーション"のチカラ

マルホン 加藤拓 社長
無垢木材を活用した高付加価値提案で差別化

TOPICKS&NEWS

国交省がマンション長寿命化の支援事業
NCNがネットイーグルと構造設計会社を設立

今求められる働き方改革(住宅建材編)
住まいづくりを合理化するソリューション

東南アジア市場強化へ 動き出すパナソニック(1)
住宅設備で400億円の新市場創出へ 工業化・高機能などを輸出

中小工務店でSDGsに取り組む動き加速へ

INTERVIEW

エバー 江原正也 社長
暗黙の木造住宅耐用年数30年からの脱却 一丁目一番地は外皮の高耐久化

ポラスグループ 中央住宅 
由緒ある建築物の棟下式を開催

CLOSE UP

LIXIL 築26年中古戸建に最先端リノベ G1レベルの外皮性能に 

連載

近年の住宅部品の実態を観る(第5回)
ハウジングトリビューン特別編集委員 村田 幸隆 氏

国産材を活かす 林業は成長産業になれるか⑧
公共建築に地域材を使う さまざまな工夫で課題に対応(2)

ロイヤル 自由自在にカスタムできる収納 耐荷重最大100kgで十分な安全性を確保

朝日ウッドテック 無垢材挽き板フロアのラインナップを大幅拡充 
選択肢を増やしより多くの住まい手に

FLASH

LIXIL住宅研究所 ソフト面も重視したレジリエンス住宅販売
リノベる ワンストップリノベを買取再販でも開始
LIXIL 金物、棚などのバリエーション拡充
AGC 減収減益もライフサイエンス事業などが好調
パナソニック ライフソリューションズ社 ホームIoT中核機器、災害対応など機能拡充

Channeling Data

カルチュア・コンビニエンス・クラブ 「エコ活動・SDGsに関するアンケート調査」
国土交通省 「地域との関わりについてのアンケート」

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る

関連記事