設備 |  2020.3.6

東南アジア市場強化へ 動き出すパナソニック(1) 

住宅設備で400億円の新市場創出へ 工業化・高機能などを輸出

パナソニック ライフソリューションズ社は、東南アジアへの展開を加速させる。その一環として、タイでシステムキッチン・ユニットバスといった住宅設備の販売を開始。日本で培った「工業化」「高機能」などのノウハウを輸出することで競争力を発揮し、住宅設備で新たに400億円の市場創出を目指す。

左から、パナソニック ライフソリューションズ社の山田上席副社長、伊東上席副社長、右近副社長

東南アジアの住宅設備市場に参入
職人不足に対応テックで付加価値

ASEAN5カ国(インドネシア・フィリピン・タイ・ベトナム・マレーシア)では、経済成長を背景に人口は2020年の5・8億人から2030年には6.4億人に達する見込みで、住宅着工数も2021年には日本の5倍にあたる441万戸に増加すると予想されている。今、東南アジアの建築市場の拡大が一層勢いを増している。

東南アジア5ヶ国※人口2030年6.4億人


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

設備 |  2020.3.26

東南アジアの 総合電材プロバイダー目指す 商材拡充と空間提案を加速

東南アジア市場強化へ 動き出すパナソニック(2) 

ハウジング・トリビューンVol.595(2020年5号)
Housing Tribune |  2020.3.13

ハウジング・トリビューン Vol.595(2020年5号)

次世代モビリティサービスが与える社会課題へのソリューション

建材 |  2020.3.6

AGC、減収減益もライフサイエンス事業などが好調

市場変動に強い高付加価値事業をさらに強化

Housing Tribune |  2020.2.28

ハウジング・トリビューン Vol.594(2020年4号)

"チャイルドイノベーション"のチカラ