オピニオン |  2019.11.25

それぞれの強み、それぞれの道

旭化成ホームズが定期点検の60年間無償化に踏み切った。当面は新築を対象に導入するが、2020年4月を目途に既存ストックまで含めて対応していく。築30年を超える同社の住宅ストックは既に5万棟を超え、今後、さらに増加していくという。ところが、30年目までの定期点検実施率が約8割という驚異的な値である一方で、30年目以降は3割にまで低下してしまうという実態があった。そこで、30年目以降も定期点検を無償化し、居住者とのつながりを維持していこうというわけだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目