お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2019.9.25

コロナ、「快適創造のコロナ」へ成長

第一弾商品はオイルレスヒーター

リブランディング戦略の第一弾商品として、オイルレスヒーターの自然対流形電気暖房機「NOILHEAT(ノイルヒート)」を発売した。「暖房メーカーのコロナ」から、「快適創造のコロナ」への成長を目指す。


「暖房メーカーのコロナ」から、年間を通じた「快適創造のコロナ」へと成長することを目指し、新スローガン「つぎの快適をつくろう。CORONA」を打ち出した。

小林一芳社長は「今後は、体感できる快適性にとどまらず、ワンランク上を目指し、“次なる快適”を提供していく。常に探究していこうとする姿勢をこのスローガンにこめ、社内外に浸透を図っていきたい」と話す。

オイルヒーターの良さはそのまま速暖・軽量・快適を実現

そして、このリブランディング戦略の第一弾としてオイルレスヒーターの自然対流形電気暖房機「NOILHEAT(ノイルヒート)」を発売した。渋木英晴常務取締役は「これまで意識調査やオイルヒーターに関するヒアリングを重ねて、その結果から見えてきた潜在的なニーズが、「乾燥しない暖房」「いつでも快適な室温」「温風のでない暖房」だった。このような“部屋の空気の質へのこだわり”を実現する製品として、NOILHEAT を開発した」と説明する。

これは、独自の高密着アルミダイキャスト式【FIXAL(フィクサル)ヒーター】を搭載したオイルレスヒーター。独自に開発したU 字ヒーター管(ニクロム線を金属製のさやで被った加熱エレメント)と、鉄の2.5 倍の熱伝導率を備えるアルミ製のダイキャスト(フィン)を密着させることで放熱ロスを削減。商品内部でオイルを温めてから室内を暖めるオイルヒーターと異なり、オイルを使用せずに、より素早く空気を暖める機能を持たせた。

輻射と対流によって部屋を暖めるため、温風暖房機と比べて、乾燥しにくい。また、風を出さず燃焼部を持たないため、ハウスダストの巻き上げや気になるニオイ・音も発生しない。わずらわしいフィルター交換や内部の清掃も不要だ。

ノイルヒートの内部構造。独自に開発したヒーター管一体式アルミファンを搭載。速暖性を持たせた

安全性にも配慮した。商品表面温度は、平均約54℃と直接触れてもやけどしにくく、万が一、地震等で本体が倒れてしまった時は確実に運転を停止し、警告音で知らせる機能を持たせた。

操作性も追及した。プログラムタイマーで、3パターンのプログラム設定ができる機能などを搭載。平日・休日など生活スタイルに合わせて使い分けができる。

「オイルヒーターの良さはそのままに、オイルを使わないことで、速暖・軽量・快適を実現した。子供から高齢者まで、安心して使用できる新しい暖房機として普及を図っていきたい」(小林社長)。

ノイルヒート発表会で、タレントの藤本美貴さん(写真左)と暖房機について意見を交わすコロナの渋木常務(写真中)と小林社長( 写真右)

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事