フューチャープロパティ、AIレコメンド賃貸仲介アプリを開発

ユーザーの深層心理も考慮し提案


フューチャープロパティはAIがユーザーの深層心理も考慮し好みの部屋を提案してくれる賃貸仲介アプリを開発した。新たな部屋探しのかたちとして注目を集めそうだ。

フューチャープロパティ(東京都渋谷区・竹内崇史 代表取締役)はAIを導入した賃貸仲介アプリ「AImove(エーアイムーブ)」の提供を開始した。

「AImove」の最大の特徴は、ユーザーが好みの条件で部屋を検索できるだけでなく、AIがユーザーの好みを考慮して部屋を提案してくれること。AIがユーザの閲覧履歴などを分析し、一覧でお勧めの部屋を提案する。

さらに、AIお勧めの物件は、ユーザーが気づいていない深層心理も考慮したものだという。「これまで不動産仲介事業を行ってきて、部屋探しをしている人は仲介事業者に伝える要望とは異なる真のニーズを持っていると感じることがある。例えば、高層マンションは好まないと話していても、よくよく聞いてみると実は高層マンションを志向している人もいる。『AImove』はAIで閲覧履歴などを分析することで、ユーザーの真のニーズを顕在化できる」(竹内代表取締役)。

さらに、今後は、ユーザーが利用するスマートフォンの他アプリの使用履歴やウェブサイトの検索結果などの情報も読み取ることで、AIが個人の趣味・嗜好も考慮してお勧めの部屋を提案できる仕組みの構築も検討している。

「AImove」はAIがユーザの閲覧履歴などを分析し一覧でお勧めの部屋を提案
「AImove」はAIがユーザの閲覧履歴などを分析し一覧でお勧めの部屋を提案

AIがプッシュ通知で
24時間おすすめ物件を提案

「AImove」はAIが24時間部屋探しをしてくれるという特徴も持つ。新着物件の中から、AIがユーザの好みに合った部屋をプッシュ通知で提案する。不動産屋に行ったり、アプリで検索する時間がない人も、効率的に好みの部屋を探せる。

「AImove」は賃貸契約の手続きもアプリで簡略化する。賃貸契約をするまでには不動産会社への訪問や書類のやりとりなどの煩雑な手続きが必要だが、「AImove」は契約書を交わす前段階の「申込書の提出」までアプリでできるようにしている。将来的には、IT重説や電子契約の導入なども図り、アプリ上で賃貸契約を完結させることも検討している。

ユーザーの利便性を向上させるため、賃貸契約に掛かる初期費用のクレジットカード決済も可能としている。自らで手数料を負担する必要があるため、クレジットカード決済を導入している不動産仲介会社は多くない。しかし、「AImove」はAIの導入で人件費などのコストを削減しているため、手数料を負担しても利益を出せるという。

今後も、フューチャープロパティは「AImove」のサービスの拡充を図りたい考え。例えば、SNSと連動した物件情報の提供や家賃オークション機能などを検討している。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです