ヒノキヤグループ 近藤昭社長 30年のその先へ 

ヒノキヤの家を日本のスタンダードに 技術、ノウハウをオープンにする新たなビジネスモデル

2018年はヒノキヤグループにとって創業30周年であるとともに、東証一部上場という大きな節目の年であった。
Z空調の外販、PC工法のレスコハウスのグループ化など、次々と新機軸を打ち出すヒノキヤグループはどこに向かおうとしているのか。近藤昭社長に聞いた。


ヒノキヤグループ 近藤昭 社長

──今後の注文住宅の戦略をどう描いていますか?

近藤 注文住宅は、桧家住宅とパパまるハウスという2つのブランドが注文住宅の売り上げの多くを占めていますが、中核となる戦略は「Z空調」です。2016年12月の発売から「Z空調」を搭載する住宅の累計受注棟数は5000棟を超えました。これからの住宅にあるべき一つの設備として、我々の住宅の中心的存在と考えています。

これまでの暮らしは、夏暑く冬寒いことにより非常に大きなストレスがありました。住宅の性能は一昔前に比べて飛躍的に高まっていますが、単にハードの性能を高めるだけでは真の意味での健康・快適、ストレスフリーな生活は実現できません。日本の気候は夏に温度と湿度が上がり、冬に温度と湿度が下がることから、夏も冬もしっかりと空調を効かせなければ快適な生活ができません。加えて、部屋ごとにエアコンを付けているようでは家の中の温度差は解消されません。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事