【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

ヒノキヤグループ 近藤昭社長 30年のその先へ

ヒノキヤの家を日本のスタンダードに 技術、ノウハウをオープンにする新たなビジネスモデル

2018年はヒノキヤグループにとって創業30周年であるとともに、東証一部上場という大きな節目の年であった。Z空調の外販、PC工法のレスコハウスのグループ化など、次々と新機軸を打ち出すヒノキヤグループはどこに向かおうとしているのか。近藤昭社長に聞いた。 ヒノキヤグループ 近藤昭 社長 ──今後の注文住宅の戦略をどう描いていますか? 近藤 注文住宅は、桧家住宅とパパまるハウスという2つのブランドが注文…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事