「縁の下の力持ち」の正体

  


1998年、旭化成ホームズはロングライフ住宅宣言を行い、50年点検システムの導入に踏み切った。

かつて「売り逃げ」と揶揄されることも多かった住宅業界において、「へーベルハウスがある限り、一生涯面倒見ます」という姿勢を打ち出した同社の取り組みは、その後の住宅業界に大きな影響を及ぼした。現在の長期優良住宅へと続く源流のひとつであると言っても過言ではないだろう。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース