お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

シャープ 第二世代ロボホンで暮らしを楽しく

HEMS連携でエネマネも

シャープは第二世代に当たるモバイル型ロボット「ロボホン」3機種を発売した。低価格品もラインナップし、子どものいる家庭への採用拡大を狙う。なかでもHEMS連携型のロボホンの投入が注目だ。

シャープはモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の第二世代にあたる新製品3機種を発売した。

ロボホンは2016年に発売、年々販売数を増加させ、2018年度は1万2000台の販売を見込んでいる。会話や動きをプログラミングできることから教育の場で、多言語観光ガイドとしてインバウンドを対象に、また、サービス業における接客などの場で活用される。

第二世代シリーズの発売は、既存の教育・観光・接客分野のいっそうの拡大に加え、一般ユーザー層の拡大、サービス連携モデルの展開が狙いで、ユーザーのニーズに合わせて3製品をラインナップした。二足歩行ができる「SR-03M-Y(LTE/3Gモデル)」(18万円) と「SR-04M-Y(Wi-Fiモデル)」(12万円)に加え、新たに低価格の“着座”タイプ「RoBoHoN lite」〈SR-05M-Y(Wi-Fiモデル)〉(7万9000円)をラインナップしたことがポイントだ。2020年度に3万台の販売を目標としている。

開発コンセプトの一つが「家族のロボホン」である。「これまでは個人に寄り添うロボホンであったが、これからは特に子どもがいる家族に向けてのアピールを強化する」(景井美帆・IoT HE事業本部IoTプロダクツ事業統括部 市場開拓部長)ことである。こうした視点から、新製品では日常生活で楽しく便利に使える機能やサービスをさらに充実させた。

HEMSと連携することで、ロボホンが家庭のエネマネを“見える化” する

HEMSとつながり
家庭のエネマネを"見える化"

第二世代「ロボホン」で特に注目されるのがサービス連携モデルの展開で、「RoBoHoN lite」にHEMSとの連携を可能とした「RoBoHoN liteHEMS」(オープン価格)を発売したことである。家庭の電力に関するさまざまな情報を発話や動作により家族に伝えることができる。太陽光発電の発電量や電気代などを音声対話で知らせるほか、気象情報の発令時にクラウド蓄電池が充電を開始したことや、電気代が目標値を超えそうなときに音声で伝える。また、太陽光発電や蓄電池からの放電で家の消費電力を蓄えているときにはロボホンがバンザイの動作で喜びを表現する。そのほか、風呂のお湯はりや電動シャッターの開閉など、エコーネット・ライト規格に対応した家電や住設機器を音声対話によりコントロールすることもできる。

これまでのHEMSは発電量や使用電力量などをモニター画面やランプなどで確認するものが多かったが、HEMSのインターフェースとしてロボホンを使用することで「シャープの製の機器とつながり、楽しくエネルギーマネジメントしてくれる」(景井氏)と、エネルギーマネジメントのさらなる“見える化” を狙う。

シャープは、ロボホンとHEMSを連携させることで、「より快適で楽しい生活を提案」(同)する。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

2019.3.8

ハウジング・トリビューン Vol.574(2019年5号)

正念場を迎えるCLT 本格普及への道筋は?