お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2019.3.6

住環境研究所・20~40代世帯 間取り実態調査 「タタミルーム」若い世代ほど採用目立つ

小さい子どもの昼寝、遊びの“場”として活躍

若い世代ほど、新築注文住宅を建てる際、畳を使った部屋「タタミルーム(スペース)」を設ける傾向にあることが、積水化学工業住宅カンパニーで調査研究を担う住環境研究所の調査で明らかになった。40代に比べると20代は5ポイント程度多く、「小さな子どもの場(昼寝・遊びなど)として20、30代での採用率が高い」とみる。

沖縄を除く全国で、セキスイハイムの新築注文住宅を建てた施主年齢20~40代の単世帯家族を対象に調査を実施。2010年度~2016年度までの新築時の間取り図面から必要事項を抽出し、集計した。サンプル数は1万7064件。

タタミルームは、全体を通じて減少傾向にある。10年度81.1%だった採用率が16年度には74.7%に縮小。最も減少が目立つのは40代で、16年度は70.6%と10年度より12ポイント近く下げている。20代も30代も減少傾向だが、40代と比べると落ち幅は緩やかだ。

調査対象の世代の中で、16年度最も高い採用率を示した20代が76.0%と、10年度より5ポイント程度の縮小にとどまっている。30代も16年度は75.6%がタタミルームを採用しており、10年度に比べると下落幅は5ポイントだ。

もっとも、6畳以上のタタミルームは少数派という。同研究所は「タタミルームの用途として、客間が減少し、4.5畳未満でも、子育て、家事、趣味など自由に使える場としてのニーズがある」としている。

また、家族構成3人以下の世帯が増えていることも調査から判明。10年度57.4%だった3人以下の世帯が16年度は63.8%になるなど、年を追うごとに増加している。中でも20代の2人世帯の増加が目立つ。「家賃負担や借入期間などの経済的理由に加え、第一子が誕生する前に建築することで、『最初から快適な住まいで子育てしたい』と考える世帯が増えていることが要因」(同研究所)と推測する。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る