建材 |  2019.1.16

YKK AP・リビタ 戸建性能向上リノベのコラボ第二弾 

築37年の戸建てをHEAT20のG1相当に

YKK APとリビタは、戸建住宅の性能向上リノベーションで第二弾となるコラボレーションを実施。築37年の既存戸建て住宅をHEAT20のG1相当にレベルアップさせた。日照シミュレーションや通風解析を導入することで、自然エネルギーを有効利用し快適性と冷暖房効率の向上を図る。

YKK APとリビタは、戸建て住宅の性能向上リノベーションの実証プロジェクト「広がる屋根」(神奈川県横浜市青葉区)を実施、実証住宅が竣工した。実証プロジェクトではリビタが物件取得・設計・施工・販売を、YKK APが高性能建材の提供などを行う。

両社がコラボレーションし、戸建て住宅の性能向上リノベーションで実証プロジェクトを行うのは、今回で2回目。2017年7月に竣工した第1弾の「代沢の家」(東京都世田谷)では、築30年の木造住宅のZEH化を実現している。

YKK APではリビタとの実証プロジェクトを通じ、主に首都圏のビルダーに対し、YKK APの高性能建材を使うことで、築古の戸建て住宅でも新築以上の高性能住宅に生まれ変わらせることができることを訴求。一方、リビタでは、注力する戸建てリノベーション事業において、付加価値の高い提案の可能性を探っている。

「広がる屋根」プロジェクトでは、開口部耐震商品「FRAMEⅡ」を採用。1階の開口部を広く取りながら、耐震性能を等級3相当に引き上げることに成功した
1階から取り込んだ風が2階から抜けるように設計。屋根は芝生敷きにし、家族で過ごせる気持ちの良い空間を創出

自然エネも活用し快適な空間

今回の「広がる屋根」プロジェクトは、YKKAPの建材を使うことで、築37年の木造住宅の断熱と耐震性能を大きく向上させた。

樹脂窓「APW330 真空トリプルガラス仕様」などへ入れ替えるなどし、UA値を1.81W/平方メートル・Kから0.51 W/平方メートル・Kへと3倍以上に向上させ、HEAT20のG1レベルの断熱性能を実現した。

また、今回は新たな取り組みとして、YKK APのツールを使い、日照シミュレーションや通風解析を導入。立地環境を活かした設計により、夏期の通風や冬期の日射などの自然エネルギーを活用し、快適性と冷暖房効率を向上させた。

耐震性能の向上については、住宅内の2箇所にYKK APの木質耐震フレームと「APW330」を組み合わせた開口部耐震商品「FRAMEⅡ」を採用。1階の開口部を広く取りながら、耐震性能を等級3相当に引き上げることに成功した。

「広がる屋根」は、2019年2月末まで、戸建性能向上リノベのコンセプトハウスとして、一般消費者や住宅事業者向けに公開した後に販売。居住後は、エネルギー収支や光熱費の定点観測など、性能向上リノベーションの実証を行う予定だ。

YKK APは関東以外でリビタ以外の事業者とも性能向上戸建てリノベーションのコラボレーションに取り組み、富山や札幌、福岡、神戸などでプロジェクトに着手している。首都圏だけでなく各地に実証住宅を設け気軽に来場してもらう体制を整えることで、戸建て住宅の性能向上リノベーションをアピールしていく考えだ。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る