社名変更から5年、新たなスタート 普及価格製品を強化顧客の価値観に合う長く使える製品を提供

トクラス 代表取締役社長 佐々木良 氏

  


社名変更から5年が経ち新たにブランドスローガン「ずっと、こころに届くもの。」を掲げたトクラスは、高い技術力を活かして顧客の価値観、感性に合う製品づくりに注力する。佐々木良社長に今後の経営方針などを聞いた。

トクラス 代表取締役社長 佐々木良 氏

──ブランドスローガンを掲げた意図や込めた思いを教えてください。

2013年にトクラスに社名変更をしてからちょうど5年が経過しました。まだまだ変革期が続いているなかで、新たなコンセプトを設けて製品づくりなどに取り組んでいきます。他業種ではシェアリングや定額利用システムなどの商品のサービス化が進んでいますが、バスタブやキッチンをはじめとする住設機器は、耐久消費財としてのポジションが続くものと考えます。そのため長い期間使っていても高い機能が維持できる、長く使ってもらえる製品づくりをしていくことが大事になると思っています。当社のキッチンは40年以上、バスは50年以上の歴史があります。嬉しいことに長くご愛用くださっているお客様が多く、中には35年ぶりのリフォームでも当時のヤマハシステムキッチンを交換せずに使い続けてくださっている方もいます。理由は「家族の記憶が宿っているから」。勿体ないということ以上に、思い出や記憶が刻まれていること、ずっと使い続けていくことに価値を見出していたのです。このお話を聞いたとき、このような形で長く使われていくこと、お客様の人生に寄り添っていくことを会社として受け止め理解することが必要なのだと感じました。そこで新たに掲げたブランドスローガンが「ずっと、こころに届くもの。」です。息長く愛していただける製品をつくり、お客様の長い人生をサポートしたいという思いを込めています。当社の提供する製品にお客様の記憶や人生、生活の価値がプラスされることで愛着を持って長く使ってほしいと思っています。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース