デジタルガレージ、くらしIoTでベンチャー育成 

大手不動産デベロッパーなどが参画 ベンチャーとの共創プラットフォームを構築

デジタルガレージは(東京都渋谷区・林郁 代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO)大手不動産デベロッパーなどと、くらしのIoT化でベンチャー企業を育成する取り組みを開始した。大手不動産デベロッパーなどとコンソーシアムを組み、共創プログラムを実施。くらしのIoTで新サービス創出を目指す。

* * *

『価格.com』や『食べログ』を運営するカカクコムをグループに持つデジタルガレージは、コスモスイニシア、東急グループ、東京建物、野村不動産ホールディングス、阪急阪神不動産、三井不動産、竹中工務店、カカクコム、KDDIと、くらしのIoT化でベンチャー企業を育成するプログラム「Open Network Lab Resi-Tech」を開始した。

大企業が協業・出資したいベンチャー企業を募集するプログラムを「アクセラレータープログラム」と呼ぶが、デジタルガレージは2010年に日本初のアクセラレータープログラム「Open Network Lab」を設立。これまで100社以上の大企業とベンチャー企業をマッチングしてきた。

今回、アクセラレータープログラムの新たな分野として、くらしのIoTを設定。住宅、不動産、生活サービス、インフラ・街開発といった“くらし〟全般を対象に、アクセラレータープログラムを実施することで、大企業とベンチャー企業の共創を促す。

「Open Network LabResi-Tech」の第1回が、11月8日から開始した。2019年1月末まで募集を行い、3月中旬に採択ベンチャー企業が決定する。募集するベンチャー企業は「住宅・暮らしや街とITが交差する領域での技術またはビジネスプランを持つ企業」。採択企業決定後は、参画大手企業が共同で出資や勉強会、オフィスの提供などを行い、ベンチャー企業との事業機会の創出や新サービスの開発を目指す。来年10月に成果報告会を開催する予定だ。

これまで、大手不動産デベロッパーでは各社ごとにベンチャーとの共創を図る取り組みを進めてきた。だが、共創を図りたいと思うベンチャーがいても、他のデベロッパーとすでに共創関係にあると、諦めることが多かったという。だが、今回、「Open Network LabResi-Tech」では、参画企業でコンソーシアムを組むことで、共同で出資やサービスの開発を行える環境を構築できる。一方、大手企業と連携するベンチャー企業にとっても、多くの企業から出資や情報提供、実証実験の場の提供を受けることで、新サービスの開発を行いやすい環境を構築できるというメリットがある。それだけに、「Open Network Lab Resi-Tech」から、これまでにない新たなくらし関連のIoTサービスが生まれてくる可能性がありそうだ。

コンソーシアム立ち上げに際し、参画企業が一堂に会した

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.618(2021年7号)

特集:

SDGs、脱炭素達成に向け脚光

国産材を取り巻く環境は近年、劇的に変化している。
伐採期を迎えた国産材を積極的に活用しようという機運が高まり、また、SDGs、脱炭素といった観点からも国産材に脚光が集まる。
さらに、新型コロナ感染拡大の影響で、外材の輸入が滞り、外材が高騰、不足する逼迫した状況の中で国産材へのシフトが加速する。
こうした中で、持続可能な形で国産材活用を推進していこうとする住宅事業者などの取り組みも活発化しつつある。

目次を見る

関連記事