JHSの強み 地盤調査・解析実績が 150万棟を突破

技術、ノウハウを蓄積し説得力のある営業提案を強化

  


2018年7月末時点で、ジャパンホームシールド(JHS)が手がけた地盤調査・解析実績が150万棟を突破した。
同社の地盤調査・解析サービスは、なぜ多くの住宅事業者から支持されるのか。
取締役 営業統括部長の宮川邦雄氏に、同社の強みについて伺った。

ジャパンホームシールド取締役 営業統括部長 宮川邦雄 氏

──2018年7月末時点で地盤解析実績が150万棟を突破しました。

当社は、1993年に地盤調査・解析業務を開始しました。そして2006年に20万棟、2010年に50万棟、2015年3月末に100万棟を突破し、それから50万棟分を上積みし、2018年7月末に150万棟を達成しました。

ここにきて地盤調査・解析実績は年間約14万棟超のペースで推移しています。戸建て住宅全体(プレハブ住宅+木造住宅)では、24%のシェアを持ち、地盤調査・解析から品質保証サービスまでを含めた市場では、約6割のシェアを占めています。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース