【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

金属外装材の高意匠化、高耐久化が加速

意匠、メンテナンスコスト削減などで新築市場でも高まる存在感

高意匠化、高耐久化を図った金属サイディングの提案が相次いでいる。金属ならではの意匠性、メンテナンスコスト削減効果などが支持され、新築市場でも存在感を高めている。 そのさきがけの一つと言えるのが、金属サイディング最大手のアイジー工業が2017年6月に販売開始した「SF-ビレクト」だ。 亜鉛メッキ鋼板に比べ3~6倍の寿命が期待でき、酸性雨・酸性雪に強いガルバリウム鋼板を採用することで、抜群の耐久性を付…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事