お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

金属外装材の高意匠化、高耐久化が加速

意匠、メンテナンスコスト削減などで新築市場でも高まる存在感

高意匠化、高耐久化を図った金属サイディングの提案が相次いでいる。金属ならではの意匠性、メンテナンスコスト削減効果などが支持され、新築市場でも存在感を高めている。

* * *

そのさきがけの一つと言えるのが、金属サイディング最大手のアイジー工業が2017年6月に販売開始した「SF-ビレクト」だ。

亜鉛メッキ鋼板に比べ3~6倍の寿命が期待でき、酸性雨・酸性雪に強いガルバリウム鋼板を採用することで、抜群の耐久性を付与した。さらに、色褪せに強い遮熱性フッ素樹脂塗装を施すことで、塗膜変褪色10年保証を実現している。

また、断熱材を裏打する独自の技術を活用することで、鋼板表面を美しく仕上げることに成功。金属横葺屋根のような意匠を金属サイディングで忠実に再現した。

金属サイディングはこれまでリフォーム市場で存在感を発揮してきたが、意匠性と、耐久性向上によるメンテナンスコスト削減などのメリットを訴求し、新築市場での採用を伸ばしている。

この商品により、金属サイディングの高耐久化、高性能化の流れが一気に加速した。

ニチハは2018年7月、同社の金属外装材のブランド、センターサイディングの商品ラインナップを拡充。耐久性に優れたフッ素塗装高耐食ガルバリウムめっき鋼板(鋼板厚0.35mm)を採用したプレミアムシリーズのラインナップに新商品「N型カーレンリーフ プレミアム」を追加した。

また、金属サイディングの中でも、高い人気を誇るメタル調の鋼板を用いて、これまでにないリーフ(葉)をモチーフとしたデザインを施すことで、独自性のある建物の演出に寄与する。

業界初の次世代ガルバを採用
赤さび・穴あき15年保証を実現

旭トステム外装は、金属外装材「Danサイディング」のニュースタンダードシリーズに耐食性に優れた業界初の次世代ガルバリウム鋼板(SGL)を採用した「スパンサイディングS」を追加し、2018年8月1日から発売した。

スパンサイディングのスタイリッシュな意匠性はそのままに、従来のガルバリウム鋼板の3倍強の耐食性が期待できる次世代ガルバリウム鋼板(SGL)を業界で初めて採用することで、耐食性を向上させ「赤さび・穴あき15年保証」を実現。

さらに、遮熱効果の高い着色顔料のフッ素塗料を使用したフッ素鋼板を採用することで耐候性も向上し、長期にわたり塗膜劣化を防ぐ。塗膜10年保証も付与した。

ここにきてさらなる高耐久化とともに、意匠性を追求した新製品提案が相次いでいる。「金属サイディングならではの質感を楽しめる」「初期性能が長期にわたり維持され、メンテナンスコストを抑えられる」といった価値が浸透していくことで、新築市場においても存在感を高めていきそうだ。

旭トステム外装の「スパンサイディングS」。次世代ガルバリウム鋼板「SGL」を採用し、耐久性などをより高いレベルにまで引き上げた

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事