お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

日集協、大断面集成材を規格化 使いやすさやコスト低減促す

1㎥当たり10~13万円台に

日本集成材工業協同組合は、大断面集成材製造企業15社の賛同を得て、大断面集成材の規格化に踏み切る。部材が規格化されることで、接合金物などを含めた標準工法の普及も進み、建設コストの低減効果が期待できる。中大規模木造市場拡大に向けさらに強い追い風となりそうだ。

* * *

盛り上がる中大規模木造市場では、一般流通材を使用して、施工の手間とコストを抑制しようという動きが加速しているのに対して、大断面集成材については、むしろ敬遠される傾向にあった。ほとんどが特注対応となるため、、部材コストを押しあげ、RC造やS造に対して価格競争力を発揮しにくいためだ。

こうした状況に危機感を募らせた日本集成材工業協同組合(日集協)は、2017年度から、大断面集成材の規格化に向けた検討会を設置し、協議を進めてきた。5回にわたる検討会を経て、規格部材の絞込みを行い、2018年4月、大断面集成材製造企業15社の賛同を得て、大断面集成材の規格化に踏み切ることを決定した。「大断面集成材の部材寸法が規格化されれば、接合部の仕様なども含めた工法の標準化も進むことが期待される。中大規模木造建築の建設コストを下げることが可能になる」(日集協)

製材や中断面集成材と用途がかぶらないものに限定

日集協では、大断面集成材の規格化に当たり、製材や中断面集成材などと用途がかぶらないように、3・4階建ての事務所ビルに用いるものや、2階建て用の大きなスパンのものなどを対象とした。スギ、カラマツに樹種を限定し、一般的に調達できる強度等級のものに絞り込んだ。今回、規格化された大断面集成材は下表の通り。規格部材以外は、当面、従来通り特注品として対応する。

規格部材の価格については、当面、日集協が会員企業会ら価格を聞き取り、平均価格として公表する。「従来の特注品生産のものと比べてインパクトのある価格で提供できるようにしたい」(日集協)。特注品生産の大断面集成材の価格は、1立方m当たり約20万円だが、規格化を進めることで、10万~13万円台にまで抑え、維持していきたい考えだ。

規格部材の各社(15社)の平均価格(2018年3月時点)日本集成材工業協同組合調べ
規格部材の各社(15社)の平均価格(2018年3月時点) 日本集成材工業協同組合調べ

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事