今後、建物管理やメンテナンスといった分野でIoT・AIの導入が進んでいく可能性があり、その普及のカギは「エネルギーハーベスト」や「AIによる画像解析技術」であることが、国立研究開発法人 建築研究所の調査研究で分かった。

* * *

国立研究開発法人 建築研究所は「都市・住宅・建築分野におけるICT・IoT・AI技術に関するヒヤリング調査」を実施した。同調査はWeb等での公開情報と企業・団体等((一社)エコーネットコソーシアム、エネルギーハーベスティングコンソーシアム、東京大学 野城教授、(一社)住宅生産団体連合会、高砂熱学工業、LIXIL、ミサワホーム、(一社)リビングアメニティ協会、大和ハウス工業、竹中工務店、アズビル)への聞き取りにより、都市・住宅・建築分野においてIoTやAI技術の導入の現状と今後の導入の可能性や課題などを調査したもの。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

関連記事