お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

GAテクノロジーズ AI導入でリノベ向け不動産のデータベースを自動構築

オススメ物件の提案時間も半減

不動産テックのGA technologies(東京都渋谷区・樋口龍代表取締役)はAIを利用し、仲介会社から提供されるリノベーション向け不動産の情報を自動でデータベース化できる仕組みを構築。加えて、データベースから、AIが自動で個人の条件に合わせてオススメ物件を提案してくれるシステムを首都大学東京の高間研究室と共同で開発した。

リノベーションの提案などにITを導入した取り組みを行っている不動産テックのGAテクノロジーズは、仲介会社から提供されるリノベーション向け不動産の情報をAIで自動的にデータベース化できる仕組みを構築した。

従来、仲介会社から提供される不動産情報については、社員がマイソク(物件情報が書かれたチラシ)を一枚一枚確認し、リノベーションに適しそうな物件を保存していた。

だが、今回、GAテクノロジーズは首都大学東京の高間研究室と共同で、PDF化したマイソクから画像認識により物件情報をAIが自動でデータベース化するシステム「テックサプライヤー」を開発。これにより、リノベーションの物件仕入れ業務に掛かる時間を3分の1に圧縮することに成功した。「テックサプライヤー」を試験的に導入してから、社内の仕入れ人員数はそのままで物件の仕入れ数を増やすことに成功し、売り上げを3倍に伸ばしたという。

「不動産業はきついというイメージがあり人材確保が難しいが、ITを導入することで生産性を向上させ、不動産業界での人材の確保につながる」と、樋口社長は話す
「テックサプライヤー」によるリノベ向けの提案時間削減のイメージ
GA technologiesはビッグデータのAIによる分析により、リノベーション向け物件の提案時間を従来よりも最大55%まで削減

AIが提案した物件の評価を学習 オススメの精度上げる

また、GA technologiesは「テックサプライヤー」により自動生成されたリノベーション向け物件のデータベースから、AIが自動で個人の条件に合わせてオススメ物件をランキング形式で提案してくれるシステムも首都大学東京の高間研究室と共同で開発した。首都大学東京の高間研究室がGA technologiesの経験ある営業マン・仕入れ担当者の特徴を一つひとつ観察し、AIの開発に落とし込んだという。同システムでは、オススメした物件についての消費者からの評価のデータが次第に溜まりAIが学習していくことで、より消費者に合った物件を提案できるようになっていく。

これまで、リノベーション向け物件の提案については、担当者の熟練度によって提案の時間と質に差が出ることもあったが、ビッグデータのAIによる分析により、提案の時間と質の向上を図れる。物件の提案時間については、従来よりも最大55%まで削減できるという。

今後、同社は今回開発したシステムについて、リノベーション向けの不動産だけでなく、賃貸や投資向けの不動産へも対象を広げていきたい考え。さらに、自社だけでなく、社外の不動産会社へのシステムの拡販も検討しており、「不動産業界に生産性向上の革命を起こしていきたい」(樋口社長)としている。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

2021.11.24

「つくるを売る」業界構造に力強く変革させる

NEXT STAGE 小村 直克 代表取締役社長

2021.11.19

翔設計、老朽化マンション対策に「トータル・リノベーション」

1棟まるごと再生する「スーパーリフォーム」の提案強化

グッドデザイン賞が決定

コロナ禍でデザインに対する期待高まる 住まい関連で多くの受賞

2021.11.17

JERCO、”実質0円”の高齢者向けリノベを推進

22年度から「性能向上プレミアム住宅」の認定をスタート