建材 |  2017.7.14

アイジー工業、代表取締役社長に若尾直氏が就任 

独創性ある発想、技術で新しい商品、価値を提供

アイジー工業は6月22日に開催された株主総会で取締役の改選を決定。服部達夫氏に代わり若尾直氏が代表取締役社長に就任した。若尾社長は「創業時の理想追求への熱い想いを心に刻み、独創性のある発想、技術で、現代の多様化するニーズに応える商品を生み出し、新しい価値を提案していきたい」と抱負を語った。


アイジー工業の新代表取締役社長に就任した若尾氏の前役職は、同社の親会社である住友商事の建材・セメント部の部長。また、アイジー工業の非常勤の取締役を2011年から務めてきた。

7月3日、東京で開催した新商品発表会で若尾代表取締役社長は「アイジー工業は日本の高度経済成長期ピークの1970年に、『寒い冬でも暖かな住まい』『住む人の健康、快適な暮らしに寄与する住まい』を実現するという熱い想いを胸に立ち上がった。理想追求への熱い想いが、これまでなかった発想・技術を生み、課題を解決する独創性の源となってきた。創業時の熱い想いを心に刻み、あくなきチャレンジ精神で現代の多様化するニーズに応える商品を生み出し、新しい価値を提案していきたい」と述べた。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

建材 |  2020.6.15

アイジー工業、50周年記念商品「Xium」を発売

金属仕上げ材の新たな価値を創出

MOVIE |  2020.6.9

住まいづくりに役立つ 住宅関連企業 公式YouTubeチャンネル集

住宅メーカー・設備建材メーカー 一覧

建材 |  2019.7.17

アイジー工業、好調な推移で売上高は過去最高

サイディングは1割増、屋根材は1.5倍に