設備 |  2017.6.23

TOTO、高級クラスの洗面化粧台の販売を倍増へ 

機能だけでなくデザインにも磨き

TOTOは高級クラスの洗面化粧台「ESCUA(エスクア)」を発売した。機能に加えてデザインにもこだわり、高付加価値戦略を強化。新商品投入により、高級クラスの洗面化粧台の販売台数を発売3年後に倍増させていきたい考えだ。


TOTOは高級クラスの洗面化粧台の販売台数を3年後に年間1万4000台に倍増させる。6月1日に新たに発売した高級クラスの洗面化粧台「ESCUA(エスクア)」を梃に市場への訴求力を強化する。エスクアには抗菌・防カビ仕様の「お掃除ラクラク排水口」をTOTOの洗面化粧台で初めて導入、標準仕様としている。抗菌・防カビ効果を持つ樹脂を採用することで、排水口まわりのヌメリや黒ずみやカビ汚れの増殖を抑え、清掃の手間を軽減する。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る