設備 |  2017.6.23

TOTO、高級クラスの洗面化粧台の販売を倍増へ

機能だけでなくデザインにも磨き


TOTOは高級クラスの洗面化粧台「ESCUA(エスクア)」を発売した。機能に加えてデザインにもこだわり、高付加価値戦略を強化。新商品投入により、高級クラスの洗面化粧台の販売台数を発売3年後に倍増させていきたい考えだ。

TOTOは高級クラスの洗面化粧台の販売台数を3年後に年間1万4000台に倍増させる。6月1日に新たに発売した高級クラスの洗面化粧台「ESCUA(エスクア)」を梃に市場への訴求力を強化する。エスクアには抗菌・防カビ仕様の「お掃除ラクラク排水口」をTOTOの洗面化粧台で初めて導入、標準仕様としている。抗菌・防カビ効果を持つ樹脂を採用することで、排水口まわりのヌメリや黒ずみやカビ汚れの増殖を抑え、清掃の手間を軽減する。

また、オプションでTOTO独自の除菌技術「きれい除菌水」も導入できる。「きれい除菌水」は、水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含む水。薬品や洗剤を使わず水から作ることができる。

 

「エスクア」では、「フローティングデザインキャビネット」を採用。海外の住宅で見られる床から浮いたデザインを採用し、洗面空間に広がりを持たせた
オプションでTOTO独自の除菌技術「きれい除菌水」も導入できる

リフォームでの導入も考慮しノイズレスデザインを採用

TOTOが行ったアンケートによると、洗面化粧台で重視する項目の1位は「デザイン」に関するものだった。このため、エスクアの開発にあたり、デザイン性を一層強化した。デザインのコンセプトに採用したのは、「ノイズレスデザイン」。リフォームでの導入も考慮し、どんな住空間でもマッチするように、主張しすぎずスッキリとした見た目になるように配慮した。

例えば、キッチントップについては、薄さとフラットな形状にこだわった「スリムフォルムカウンター」を採用。スッキリと洗練されたデザインが高級感を演出する。キャビネットについては、「フローティングデザインキャビネット」を開発。海外の住宅で見られる床から浮いたデザインを採用し、洗面空間に広がりを持たせた。

化粧鏡は上下にLEDを配置した「木製化粧鏡」とした。化粧鏡の上下からLED照明を照射することで、洗面空間を美しく演出するとともに、顔に影が出にくいというメリットも創出している。

洗面ボールのデザインにも配慮した。カウンターに据え置くスタイルの陶器製「ベッセル洗面器」を開発。陶器のもつ落ち着いた上質な質感とシンプルな形状で個性豊かな洗面空間を創出する。

空間に調和するデザイン水栓も多数用意。特に、「GOシリーズ」は世界のデザイン界で権威のあるドイツの「レッドドット・デザイン賞」で、最優秀賞の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞している。



関連記事