2017.6.9

告示改正で構造用パーティクルボード、MDFがより使いやすく 

耐震性の向上へ、耐力面材として普及拡大を促進

繊維板業界が国土交通省告示の改正を機に、構造用パーティクルボード(PB)、MDFの需要拡大を図ろうとしている。熊本地震の発生で住宅の耐震性の向上へのニーズが高まるなか、耐力面材として採用を推進していく。

* * *

耐力面材については、国土交通省告示1100号(木造軸組工法)、1541号(枠組壁工法)で、構造用合板、PBなどについて倍率に応じた仕様が示されており、近年では筋交いの代わりとして構造用合板の普及が広がっている。

ただし、構造用PBは厚さ12mm以上の仕様となっており、構造用合板より厚くなるため重量が重く、使い勝手の悪さから普及が広がっていない。MDFについては告示に含まれてさえおらず、メーカー各社は構造用PB、MDFについては使い勝手のよい厚さ9mmの仕様で壁倍率について国土交通大臣認定を取得。耐力面材として普及を図ってきた。しかし、大臣認定は各社がそれぞれ個別に取得する必要があり、メーカーにとっては負担が大きい。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事