【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2017.5.26

林野庁、公共建築の木造化を加速

木材利用促進法の基本方針にCLTなどを追加 2020年に木造率3割超に

林野庁は「公共建築物における木材の利用の促進に関する基本方針」の一部改正案を公表しパブリックコメントの募集を開始した。CLTや木質耐火部材などの新たな木質部材を積極活用することなどを明記し公共建築の木造化を加速したい考えだ。 国は利用期を迎えている国産材の有効活用などを目的に2010年5月、公共建築物等木材利用促進法を施行した。3階建て程度の低層の公共建築物について原則としてすべて木造化を図ること…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事