設備 |  2017.4.28

ノーリツ・トクラス、キッチン・バスの共同開発などで業務提携

ノウハウ持ち寄り、厳しい市場環境に対応

ノーリツとトクラスはキッチン・バスを中心とした住宅設備の共同開発などでの業務提携に向けた基本合意書を締結した。人口減少、新築減など、ますます厳しさを増す市場環境のなかで、互いのノウハウを持ち寄りシナジーを生み出していく。

ノーリツとトクラスは住宅設備事業で業務提携に向けた基本合意書を締結した。今後、1年以内に正式な業務提携を発表する予定だ。

ノーリツは2020年を最終年とする中期経営計画「Vプラン 20」を進めているところだが、このなかで、システムキッチン・システムバスといった住宅設備機器について、OEM販売を強化する方針を打ち出している。昨年ごろから連携先を探してきたが、その中のひとつがトクラスだった。そして、OEMでの連携の協議を進めているなかで、単なるOEMでの連携に留まらない広範囲での連携に話が拡大し、今回の業務提携に至った。

業務提携により、ノーリツはトクラスのデザイン力や人造大理石などの技術を取り込みたい考え。写真はトクラスの人造大理石を採用したシステムキッチン
トクラスはノーリツ独自のインクジェット印刷を活用したシステムバスの壁塗装技術などに期待

互いの独自技術に期待 ノウハウ取り込み事業領域を拡大

具体的には、主にキッチン・バスの分野での連携を図っていく。「弊社はマンション向けのキッチン・バス製品をラインナップに持っていないため、トクラス様からの製品・部品の供給、共同開発により、事業領域の拡大を図りたい」(ノーリツ)としている。また、トクラスのデザイン力や製品の素材として使用する人造大理石の技術、浄水器・整水器の技術のノウハウにも期待している。

一方で、トクラスはノーリツの独自技術の導入に期待。例えば、ノーリツではインクジェット印刷を活用し、システムバスの壁に様々なデザインを施せる技術を持っている。トクラスはこういった技術のノウハウを取り入れていくことで、商品の差別化を図っていきたい考えだ。

「弊社では、できるだけユーザーの好みや意向に合わせられる商品の開発に力を入れている。ノーリツ様のインクジェット印刷技術を活用したシステムバスの壁塗装のノウハウを導入することで、こういった商品開発の取り組みをさらに強化できると期待している」(トクラス)。

このほか、トクラスでは既にノーリツの子会社であるハーマンのガスコンロを搭載したキッチンの販売を行っているが、ノーリツブランドのガスコンロの導入も今後の検討材料としている。

また、日本の人口が減少していくことで商品の生産量が減り、国内の生産拠点の体制の見直しが必要になってくる可能性がある。このため、生産の効率化に向けて、両社はキッチン・バスの生産を互いに委託していくことも検討している。

製品・部品の共同配送も検討する。両社の生産拠点をうまく利用した効率的な配送でコストの削減を図る。ノーリツは東日本に、トクラスは西日本での生産・配送体制に強みを持っているため、互いの強みを生かして連携していきたい考えだ。