2017.4.28

ノーリツ・トクラス、キッチン・バスの共同開発などで業務提携 

ノウハウ持ち寄り、厳しい市場環境に対応

ノーリツとトクラスはキッチン・バスを中心とした住宅設備の共同開発などでの業務提携に向けた基本合意書を締結した。人口減少、新築減など、ますます厳しさを増す市場環境のなかで、互いのノウハウを持ち寄りシナジーを生み出していく。

ノーリツとトクラスは住宅設備事業で業務提携に向けた基本合意書を締結した。今後、1年以内に正式な業務提携を発表する予定だ。

ノーリツは2020年を最終年とする中期経営計画「Vプラン 20」を進めているところだが、このなかで、システムキッチン・システムバスといった住宅設備機器について、OEM販売を強化する方針を打ち出している。昨年ごろから連携先を探してきたが、その中のひとつがトクラスだった。そして、OEMでの連携の協議を進めているなかで、単なるOEMでの連携に留まらない広範囲での連携に話が拡大し、今回の業務提携に至った。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る

関連記事