設備 |  2017.4.28

ノーリツ・トクラス、キッチン・バスの共同開発などで業務提携 

ノウハウ持ち寄り、厳しい市場環境に対応

ノーリツとトクラスはキッチン・バスを中心とした住宅設備の共同開発などでの業務提携に向けた基本合意書を締結した。人口減少、新築減など、ますます厳しさを増す市場環境のなかで、互いのノウハウを持ち寄りシナジーを生み出していく。

ノーリツとトクラスは住宅設備事業で業務提携に向けた基本合意書を締結した。今後、1年以内に正式な業務提携を発表する予定だ。

ノーリツは2020年を最終年とする中期経営計画「Vプラン 20」を進めているところだが、このなかで、システムキッチン・システムバスといった住宅設備機器について、OEM販売を強化する方針を打ち出している。昨年ごろから連携先を探してきたが、その中のひとつがトクラスだった。そして、OEMでの連携の協議を進めているなかで、単なるOEMでの連携に留まらない広範囲での連携に話が拡大し、今回の業務提携に至った。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る