【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

ゼロからはじめる 住宅事業者のためのDX入門

いざ、はじめの一歩を踏み出そう!

コロナ禍の影響もあり、DX(デジタル・トランスフォーメーション)というキーワードが住宅業界でも重要になってきている。
DXによる変革を推し進めるうえで、何から手を付けていいのだろうか。
本書では、そうした疑問に答えるために、全国の住宅会社の先進事例や注目のデジタルツールなどを紹介していく。


主な内容

住宅事業者のためのDX入門
いざ、はじめの一歩を踏み出そう‼

IT導入補助金 活用術
DXで業務効率化 費用の3分の2、最大450万円の補助も

住宅事業者のためのDX便利帳
注目のデジタルツール23 一挙紹介‼

デジタル化 虎の巻
実践事例にみる 成功するDX
全国22の住宅会社の取り組みを紹介

ISBN-10 : 4883511383
ISBN-13 : 9784883511389
ハウジング・トリビューン編集部
体裁 : A4判 / 144頁 / オールカラー
発売日 : 2021年8月5日

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事