【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2012.2.10

ハウジング・トリビューン Vol.425(2012年3号)

狙うは5700万戸の住宅ストック 断熱改新

窓以外でも新たな動きが相次ぐエコリフォーム

Housing Tribune vol.425

ハウジング・トリビューン Vol.425(2012年3号)

発行元:創樹社  在庫がありません

創樹社ONLINE SHOPで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

人口減少社会で新たな成長を描くために
「収納」と「住み継ぐ家」とのつながりは深い
高齢者住宅で深まる介護と医療の関係

狙うは5700万戸の住宅ストック
断熱改新
窓以外でも新たな動きが相次ぐエコリフォーム

TOPICS&NEWS

賃貸住宅でも省エネラべリング、環境省が検討開始
国交省、低炭素まちづくり促進法案を国会提出へ
東京都が防災住宅の登録制度を創設

TOP INTERVIEW

「『NAHB』のような工務店を代表する組織をつくりあげる」
一般社団法人 全国木造建設事業協会 理事長 青木宏之 氏

CLOSE UP

旭化成不動産レジデンス 社宅跡地を活用し、一次層向けのマンションと戸建て住宅を一体開発
JKホールディングス 海外での住宅資材流通事業を加速

特別座談会 長期使用住宅部材標準化推進協議会
部材の標準化・共通化は進むのか!?

PICK UP

大和ハウス工業 広さで差がつく3階建て住宅、狭小敷地対応で東京エリアの市場開拓
パナホーム スマートシティの展開を加速、分譲住宅事業を1000億円規模に

住み継ぐ社会に新たな課題
「セルフネグレクト(自己放任)」な高齢者にソリューションを

マグ・イゾベール 実物大の施工研修棟が完成、工務店への支援体制をさらに充実

連載

新・住まい学 収納と住まい【前編】 ㈲ゆとり工房 代表取締役 収納カウンセラー 飯田久恵 氏
ハウジング・ラボ 千葉大学「調光窓」

Channeling Data

国土交通省 建築着工統計調査報告(平成23年計)
(独)住宅金融支援機構 住宅取得に係る消費実態調査

FLASH

旭化成ホームズ 子育て支援サービスで賃貸住宅に新しい価値を付与
パナソニック 節水型トイレの新商品を投入、タンクレストイレでシェア拡大を狙う
サンゲツ 壁装材と照明器具を総合提案
東芝ライテック LED専門のショールームで体感型の提案を推進
東京建物不動産販売 独自の認定中古マンション制度を開始
ワイエスホールディングス グループ全体の総合力を活かし福祉施設等の木造化を推進
兼松日産農林 国産木杭による地盤補強工法を木造非住宅建築でも本格展開

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し

2021.12.17

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】長期優良住宅法が一部改正

さらなる普及拡大を目指し認定基準を見直し 脱炭素社会の実現へ省エネ性向上のけん引役

2021.12.16

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】新たな住生活基本計画が策定

向こう10年間の住宅施策の方向性示す 新しい日常や、災害、脱炭素に対応した住まいを

〝実質0円〟の高齢者向けリノベを推進 暖かい住まいで健康寿命を延長

(一社)日本住宅リフォーム産業協会 理事 性能アカデミー委員会 委員長 今井 猛 氏