お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.6.18

トルネックス、空気清浄フィルタが浮遊カビ90%以上捕集効果を確認

「ウイルス対策」「カビ対策」オンラインセミナー開催

住宅用フィルタ及び業務用空気清浄機、喫煙所システムを製造・販売するトルネックス(東京都中央区、松井周生代表取締役)は、カビの専門家である千葉大学真菌医学研究センター矢口貴志准教授監修の下、自社開発の電子式集塵フィルタ4種類が、浮遊カビに高い捕集効果を発揮することを確認した。

検証試験を行なった通称「クロカビ」は、主に生活環境に多く繁殖しやすい身近なカビで、本来土壌に生息しているが、風によって運ばれたり、人や物に付着し持ち込まれたりなどで室内に侵入する。新型コロナウイルス対策として「窓開け換気」「加湿」が推奨されているが、窓を開けるとカビが外の空気とともに室内に取り込まれてしまう上、梅雨や夏の季節、湿った空気や暑い空気も取り込まれることで、エアコン効率が悪くなるだけではなく、カビが繁殖するのに好条件な空気環境となる。カビによる感染症は、健康な人には感染することはないが、免疫機能が低下すると喘息や気管支炎など呼吸器のアレルギー疾患を発症しやすくなるので、なるべくカビに接触しない空気環境を維持することが大切だ。

そこで、トルネックスでは、千葉大学真菌医学センター矢口貴志准教授監修の下、トルネックス電子式集塵フィルタ4種類の浮遊カビ捕集効果を確認したところ、全ての機種においてフィルタを1回通過した時の除去率が90%以上であることを確認した。監修を行った矢口准教授は「今回、電子式集塵フィルタにより、浮遊カビの捕集効果が確認されたことで、実生活環境においても空気中の浮遊カビ数を空気清浄により減少させる可能性があると期待されます。」とコメントしている。

また、6月24日(木)15:00~16:30に「窓開け換気で“カビ”が家に入ってくる『ウイルス対策』と『カビ対策』のポイントは空気にあり」と題し、オンラインセミナーを開催する。矢口准教授による基調講演や福地建装(北海道北斗市、福地智代表取締役社長)による事例紹介などを予定。参加は無料で、Web会議アプリ「ZOOMウェビナー」を使って開催。申し込み後に招待メールが送られてくる形となっている。

詳細は下記より。
https://www.gaiki-seijouki.jp/air/news/news-2906/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事