2021.1.12

エコワークス、G2グレードの住宅で室温18℃以上を確保できることを確認

27戸の住宅を対象にした調査で明らかに

エコワークス(福岡市博多区、小山貴史社長)は、HEAT20 G2グレードの断熱性能を備えた同社の住宅を対象に入居後の室温と電力商品量などを調査・分析した。その結果、リビングだけでなく、寝室や脱衣室でもWHOが提唱する最低室温18℃以上を確保できることが分かった。


エコワークスは、自社で建築したHEAT20 G2グレード仕様で全館床暖房システムを採用した27戸の住宅について、厳寒期(2019年1月15日~2月15日)の室温などを調査した。

その結果、代表的な在室時間帯の平均室温がリビング20.4℃、寝室19.0℃、脱衣室19.2℃を実現できることを確認。

WHOでは最低室温を18℃以上に保つことを提唱しているほか、ヒートショック防止の観点からも、最低室温をできるだけ高く保ち、なおかつ居室間の温度差を抑制することが求められている。それだけに、G2グレード仕様+全館床暖房システムを採用することで、快適かつ健康的な住環境づくりを実現できると言えそうだ。

分析対象27戸あたりの平均室温

なお、同社が採用する全館床暖房システムは、断熱気密を施した床下空間に、出力4.0kWh程度の家庭用中型エアコン一台を設置し、冬期は24時間連続暖房運転を行うもの。全館暖房でありながら約25万円のイニシャルコストで導入できる点も大きな特徴だ。

快適性と経済性を両立する全館床暖房システム

今回の調査では、この全館床暖房システムにかかる冬期の電気代も調べているが、平均すると月額約7500円で済むことも分かったという。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事