【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2022.4.8

次世代型インターホン スマホとの連携で機能拡充

外出先からの置き配対応などを可能に

次世代型のインターホンに関する動きが活発化してきている。新型コロナウイルスの感染拡大によって増加した置き配サービスへの不安解消、ニューノーマル時代の到来による利便性やセキュリティの向上が背景にある。


スマートロックの販売などを手掛けているライナフは、新しい生活様式の提案として「ライナフGate インターホン」を発表した。スマートフォンでの呼出に対応した集合住宅向けの次世代システムで、遠隔からオートロックエントランスの開錠が可能になる。外出時に宅配業者などの来訪があった場合、スマートフォンで対応し、必要に応じてオートロックを開錠して各住戸への置き配ができる。また、履歴チェックやボイスチェンジャー機能によって高い防犯性能を実現しているほか、メッセージ機能を備えることで通話対応の煩わしさからも解放される。

外出時にスマートフォンで来客対応できる「ライナフGate インターホン」

アクセルラボはIoT(Internet of Things)の技術を駆使し、スマートホームサービス「SpaceCore」を提供している。このサービスは業界最大級となる20種類以上、15社の住宅設備メーカーとの連携が可能だ。今回、欧米を中心にインターホンを提供しているAKUVOX社と連携することにより、スマートフォンアプリからインターホンの操作が可能になった。これにより、集合住宅のエントランス開錠や外出中の急な来客対応、置き配依頼などをスマートフォンのアプリで行えるようになる。

大型メール便対応ポストや宅配ボックスの開発と普及に注力し、再配達の削減に大きく貢献してきたナスタでは、「Nasta Interphone」を新たに発売した。「宅配専用ボタン」を搭載した全国初の住宅向けインターホンで、配達員が「宅配ボタン」を押すと、自動音声で荷物の受け取り方を伝えることができる。例えば「玄関前に荷物を置いてください」と登録しておけば、応答せずに置き配を利用することが可能。また、インターホンに防犯カメラを内蔵しており、その映像はスマートフォンでも確認できる。多発する盗難被害などへの対策にも有効だ。

次世代型インターホンについては、Googleの手掛けるスマートホームブランドであるGoogle Nestからも2021年8月に新型が発売されるなど、市場での動きが活発化している。各社ともに住宅の出入りなどに関するデータの集積と活用という一歩先の未来も見据えながら、新たな機能付与を進めようとしている。

関連記事