お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

住宅ローン業務を効率化 人員を増やさずに受注率を向上

iYell「いえーる ダンドリ」

住宅営業を進めるうえで、顧客の最終決断に大きな影響をもたらす資金面での相談業務。顧客に最適な住宅ローンを提案し、さらにはFP(ファイナンシャル・プランナー)が行うようなライフプランにまで踏み込んだコンサルティングを行おうとすると、どうしても住宅会社の営業担当者では手に負えない面が出てくる。

さらに言うと、金融機関の住宅ローン商品も多様化してきており、顧客の条件を聞きながら最適な住宅ローンを提案するという役割も求められてきている。

資金面の問題をクリアしない限り、受注には至らないだけに、住宅ローンに関する業務は、ある意味では受注率を大きく左右すると言っても過言ではないだろう。逆に言えば、早い段階で資金面での安心感を顧客にもたらすことができれば、それだけ受注が高まることも期待できるのだ。

しかし、先述したような理由から、住宅ローン関連の業務を得意としない営業担当者も少なくないはずだ。こうした住宅ローン業務などに関する業務課題を解決し、受注率の向上に貢献するツールとして注目度が高まっているのが、ⅰYellの「いえーる ダンドリ」だ。

住宅営業の25%を占めるローン業務をアウトソーシング

iYellによると、住宅の営業活動のうち、一般的には約25%を住宅ローン業務に費やしているという。住宅ローンの選定と提案、金融機関への事前相談、事前審査・正式審査申込み、不備書類の取り付けなど、様々な業務を営業担当者がこなしている。しかも、住宅ローンの部分については、住宅会社が販売する住宅の付加価値にはなり難く、できれば専門家に任せたいというのが多くの住宅会社の本音ではないだろうか。

「いえーる ダンドリ」は、こうした住宅会社の要望に応えるもので、住宅ローンに関する面倒な業務を丸ごと外部化することができるサービスだ。

このサービスは、まず住宅会社の営業マンが施主に簡単なヒアリングを行い、その結果を専用のヒアリングシートに記入し、iYellに送付することから始まる。ヒアリングシートをもとに、iYellと住宅会社の担当営業マンが打ち合わせを行う。その後、iYellが施主の条件にあった金融機関を複数選定し、それを施主に提示する。

施主と住宅会社の営業マンが専用のアプリをスマートフォンなどにダウンロードしておけば、その後のやり取りはアプリのチャット機能を使って行うことが可能だ。

チャット機能ではiYellの担当者、住宅会社の営業マン、施主がグループを作り、その中でコミュニケーションを行う。そのため、住宅会社の営業マンも施主とiYellのやり取りを把握することができるのだ。

専用のアプリには、スケジュール共有やタスク管理機能も備えている。施主は、「いつまでにどういう書類を用意しておくべきなのか」ということを一目で把握できる。また、提出書類の漏れなどを防ぐことにもつながるだろう。

さらに、ビデオチャットを使って、書類の記入の仕方などを施主がiYellの担当者に聞くこともできる。

また、住宅会社の営業マンにとっては、コロナ禍の中で求められるリモート営業を行う上でも利用価値が高そうだ。

ビデオチャットも可能
専用アプリで進捗状況も確認

今だからこそ求められる「非対面」サービス

ローン審査に通らず失注するという事態を回避

住宅会社の営業担当者にとっては、ローン審査が通らずに受注機会を損失してしまうことだけは避けたいところ。

iYellは、金融に関するノウハウを持ったスタッフと、建築・不動産のノウハウを持ったスタッフが在籍しており、より最適な住宅ローン商品を提案することができる。その結果、受注率の向上へとつなげることができるのだ。

実際にこのサービスを導入した住宅会社からは、受注率がアップしたという反響が数多く寄せられているという。

「提携金融機関数」「住宅事業者契約数」「利用金額」でナンバーワンの実績が認められた。

スピード事前相談で不安を払しょく
顧客の背中を押す効果にも期待

iYellでは、新たにスピード事前審査サービスを開始している。スマートフォンを使い、住宅ローン手続きの第一段階である事前審査を手軽に申し込めるというものだ。現在は住宅ローン専門金融機関であるアルヒの「ARUHIフラット35」のみで利用可能だが、今後は連携金融機関を増やしていく予定だ。

このスピード事前相談を利用することで、住宅会社にとっては早い段階で顧客の資金面での不安を払しょくすることができ、背中を押す効果を発揮することが期待できそうだ。

「いえーる スマートクラブ」というWEBサイトも運営している。ⅰYeIIのサービス利用者を対象に、住宅購入時に必要となるサービスをまとめて紹介するサイトで、家具の定額レンタルサービスや引越しサービスなどを紹介しているだけでなく、FPによるライフプラン相談を申し込むこともできる。

こうしたサービスも顧客の経済面の不安解消につながりそうだ。

「いえーる スマートクラブ」では、FPによるライフプラン相談サービスも提供している。

なお、「いえーる ダンドリ」の導入に当たっては、導入支援のための社内説明会を実施し、アプリ操作のデモンストレーションなどを専門スタッフが実施する。

導入後についても、チャットでの相談や専門スタッフによる電話とメールでの対応といったアフターサポートサービスを提供している。

「いえーる ダンドリ」は、住宅ローン業務の効率化を促し、営業業務の生産性を高めるだけでなく、受注までの大きな障壁となる資金面での不安感を取り除き、受注率の向上に貢献するツールとしても存在感を高めてきている。

「いえーる ダンドリ」を展開するiYellは、金融機関、大手不動産事業者などが相次いで株主となるなど、事業が拡大。審査申込も月間1000件を超え、“住宅ローンの専門家”として、成長を続けている。こうした実績が認められ、住宅ローンの業務代行で「提携金融機関数」「住宅事業者」「利用金額」の部門で、ナンバーワンを誇っている。

いえーる ダンドリに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから


iYell株式会社
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館10階
TEL 050-1743-9333
FAX 03-4333-7900
https://iyell.co.jp/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事