【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

住宅不足解消に 素早く工業化を実現したサッシ

内と外の空間をフレキシブルにつなぐ 開口部品(その1)

省エネ法改正で、住宅の気密断熱性向上が強く求められても、その対策は遅々として進まない。その原因は、開放性に富む日本の家屋と暮らし方にあるといわれるが、現在では、制御が利かない開放的住宅をよしとする人は少ないであろう。断熱気密性を高めるための工法習得と具体化は整いつつある。要は、事業者そして生活者の本気度の問題であるように思われる。本気度において、よく挙げられるのがサッシである。日本のサッシの特徴は…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン