公共建築物のレインボーオーシャン


今年の夏は例年より暑かった。日本の気候は常に変化していて、何年か前とは大きく違う。夏の高温化はデータで見ても分かるとおりで気候が変わってしまったと言っていい。

学校での熱中症が問題になり、全国の学校に冷房をつけることに2400億円の予算がついた。このこと自体は良いことなのかもしれないが、現在の全く断熱材のない建物に冷房することの無駄さを考えなくてはいけない。本来これは建物の高断熱化や日射遮蔽の問題とセットで考えられるべき問題である。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目