【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.11.8

アキレス・高島 「高断熱化と省力化」をテーマにウェビナーを開催

アキレスが高島と合同で、東日本エリアの工務店や設計事務所を対象にZoomウェビナー省力化工法の提案会 ~HEAT20G2住宅へLet’s try!~」を開催する。

2050年カーボンニュートラルに向け、住宅の高断熱化が急ピッチで進む一方で、高断熱化の需要が高まるほど現場の施工手間が増している。

「高断熱化」の目指すべき水準としてHEAT20の G2レベルを推奨することとあわせ、あわせて省力化を実現するためのパネル工法の提案にフォーカスした内容のセミナーとなる。

内容は、高島が「省力化を実現するパネル工法について」、アキレスが「目指すべき断熱水準について」の講演を行う。

日時は11月26日(金)16:00~17:00。参加費は無料。受講申し込みは下記URLから。
https://zoom.us/webinar/register/WN_8WTosvkRQNm4PDE2pRNk_Q

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事