新型コロナ |  2020.9.3

三井住友信託銀行、失業時のローン返済保障を追加

コロナ禍での倒産増加を受けて

三井住友信託銀行は、カーディフ損害保険と同社の住宅ローン利用者を対象として、失業時のローン返済保障を利用できるようにする。


同社の「八大疾病保障特約付住宅ローン」の利用者が対象で、勤務先の倒産や解雇などにより失業した場合、最長3カ月間にわたり、ローン返済額と同額を保険金として支払う。取り扱い開始は2020年11月11日から。

厚生労働省の発表によると、新型コロナウイルスの影響で解雇・雇い止めになった人は、見込みまで含めると8月31日現在で5万326人に達している。

(独)住宅金融支援機構では、フラット35等の住宅ローンの返済が困難になった人を対象として相談窓口を設けているが、相談件数は3月の214件から4月には1158件にまで急増。5月には878件にまで減少したが、5月末までの累計で2265件の相談が寄せられている。

雇用不安が広がるなかで、今後、こうした状況が住宅市場に影響を及ぼすことが予想されるだけに、失業時のローン返済保障を備えた住宅ローンなどで、経済的な不安を解消していくことが求められそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る