新型コロナ |  2020.5.7

さくら事務所、オンラインで打ち合わせに“相席”

不安・心配に応える新サービス

さくら事務所が新サービス「オンライン相席」をスタートした。

新型コロナ感染拡大の影響で、従来対面で行ってきた住宅・不動産などの営業活動の場でオンラインの導入が進んでいる。しかし、住宅の新築・購入、リノベーションなどは専門用語が多いなど、心配・不安が多いことも事実。

「オンライン相席」は、オンラインで建物のプロである建築士が建築・不動産の打ち合わせに相席するサービス。ハウスメーカー・工務店やリノベーション会社との打ち合わせ、中古・投資物件の購入打合せなどで心配なことをその場で確認したり、アドバイスを求めることができる。さらにオプションで打合わせ前の情報共有、打合せ後の振り返りなどにも対応する。

オンラインツールは電話、ZOOM、Skypeで、価格は1時間1万円(税別)。