ハイブリッドパワコン採用の蓄電システム第二弾

エリーパワーは家庭向け蓄電システム「POWER iE6 HYBRID(パワーイエ・シックス・ハイブリッド)」を2015年に発売。停電時にも安定的に電力を供給する基本性能、太陽光発電と蓄電システムのパワコン一体化させた「ハイブリッドパワコン」を採用し、蓄電効率を高める仕組みが話題を呼んだ。そして今年4月、エリーパワーがハイブリッドを採用した第2弾商品として販売を開始したのが、「POWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク)」だ。

新たな付加価値も

「POWER iE5 Link」の最大の特徴と言えるのが、IoTへの対応を強化していることだ。同社はこれまでにも蓄電システムに通信機器を搭載し、システムの稼働状態をモニターする「ごあんしんサービス」を提供してきた。新製品ではNTTドコモと連携し、M2Mルーター(無線通信機器)を標準搭載。POWER iE5 Linkのすべてのユーザーが「ごあんしんサービス」を標準的に使用できるようになった。

今後は情報とエネルギーをコントロールするプラットフォームとして、IoT住生活サービスやバーチャルパワープラント(VPP)の提供を検討。蓄電システムの新たな付加価値にしていきたい考えだ。

POWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク)

IoT対応を標準に住生活サービスの提供も検討

ハイブリッドパワコンを改良 大きさも重さも半分に

安心・安全で長寿命な電池 システムの長期保証も付帯

POWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク)

 記者の目

住宅IoTのハブとして利用できるNTTドコモのM2Mルーターが標準で搭載されている。このため、ユーザーはPOWER iE5 Linkを購入すれば、住宅IoTサービスを享受する環境も構築できる。エリーパワーでは今後、住宅内にセンサーを設置するなどし、見守りや簡易セキュリティなどのIoT住生活サービスの提供もNTTドコモと検討している。それだけに、POWER iE5 Linkを通じて、蓄電システムと同時に住宅のIoT化も見込めそうだ。

お問い合わせ

エリーパワー

03-6431-9044(営業部) 
http://eliiypower.co.jp/ 

このエントリーをはてなブックマークに追加