家庭内の入浴事故へ対策

家庭内での入浴事故が増加傾向にある。厚生労働省が2017年に公表した最新のデータによると、家庭の浴槽での溺死者数は11年間で約7割増加し、2015年に4804人となっている。そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めている。2013年の研究によると、浴槽での溺死者数を含む入浴中の年間の急死者数は年間約1万9000人にものぼると推計されており、対策が求められている。

一歩進んだ安心の入浴環境を提供

このため、給湯器メーカーなどでは家族の入浴状況を見守ることができる機能を搭載した商品の開発に力を入れている。
ノーリツでも昨年、浴室内の入浴者の在・不在や入浴の時間などを台所などで確認できる給湯器リモコンを発売したが、今年9月に発売する給湯器リモコン「RC-G001EW」では、先進のIoT技術を導入することで、さらに一歩進めた浴室の見守りを実現。スマートフォンで家族の入浴を見守ることができるサービスを提供する。給湯器の分野で家庭内入浴事故対策の先陣を切る商品だ。

宅内からスマホで入浴状況を確認

離れた家族も見守れる

外出先でも給湯器の操作が可能

RC-G001EW

 記者の目

給湯器を通じて家庭内浴室事故の対策を図るうえで、無理なく取り組めることと、即座に対応できることが非常に重要だ。毎日、家族が入浴するたびに、気を張っていては疲れてしまい続かないし、仮に何か事故があった際には一刻一秒の対応の差が生死を分ける可能性もある。

ノーリツではこれまで台所リモコンで見守り機能を持つ製品があったが、意識的に入浴状況を確認する必要があった。だが、「RC-G001EW」なら設定した入浴時間が過ぎるとスマートフォンを通じてアラームで教えてくれるので、家族は無理なく即座に対応できる。IoTという先進技術の導入により、家庭内浴室事故対策をもう一歩次のステージへ押し上げた商品と言えよう。

お問い合わせ

ノーリツ

 0120-911-026  http://www.noritz.co.jp/