日よけシェード(防炎生地仕様)

日差しを遮り、快適な暮らしを実現 大型施設にも対応可能な外付けシェード

「日よけシェード」は、主に戸建て住宅向けを想定した防炎生地仕様のシェード。

防炎生地は、防炎性能を持ち燃え広がりを抑える生地で、大型商業施設や各種施設などで多く採用される。逆に言えば、施設などでも採用可能な安全・安心なシェードといえる。認定機関である(公財)日本防炎協会の防災認定を取得したメッシュ生地を搭載しており、安心して使用することができる。

夏に、涼しく省エネな暮らしを実現するためには、窓の外側で日射を遮蔽することが重要となる。日よけシェードは熱の流入を遮ることで室内の温度の上昇を抑え、エアコンなどの電気使用量の低減に効果を発揮する。例えば、複層ガラスにブラウン色の日よけシェードを使うことで日射熱を約81%以上カットする。同様の機能を持つ建材にオーニングがあるが、コスト的にも手軽に設置できるのが日よけシェードの魅力だ。

使い方は、通常の開口部下部の壁面左右に取り付けたフックに、ボトムバーを固定する仕様。そのほかベランダの手すり部に取り付ける結束バンド、ウッドデッキ面に取り付けるボトムバー固定金具もあり、さまざまな使い方が可能で、アウトドア空間の創出にも使うことができる。

  • 燃え広がりを抑える安心・安全シェード メッシュスクリーンで光のある空間を

  • 「ソラカゼ」との組み合わせ例

  • 関連製品:オーニングの前枠にシェードを組み込んだ「エルパティオ・プラスRS」

  • 選べる豊富なバリエーション 組み合わせは全12パターン

    記者の目

    近年のトレンドである庭やベランダなどアウトドア空間の活用は、コロナ禍で在宅時間が増えるなか、さらに加速した。住まいに、楽しく、快適に過ごせる空間の創出を求めているのである。日よけシェードは単に窓に取り付けるだけでなく、ベランダの手すりにシェードをひっかけたり、ウッドデッキ面に斜めに張ったりすることで日陰を創り出すことができる。さらに、同社のオーニングと組み合わせて使うことも可能だ。
    こうした空間に椅子やテーブルを持ち出せば、ちょっとしたアウトドアスペースの完成だ。日射を遮るだけでなく目隠し効果も期待できる。家族でくつろいだり、仕事をしたりと、幅広く活用できそうだ。こうしたちょっとした生活の質を高める提案が重要になっている。

    DATA

    商品 日よけシェード(防炎生地仕様)
    価格 お問い合わせください
    発売 BXテンパル株式会社