ウッドファイバー

多機能を備える木質繊維断熱材 優れた蓄熱、吸放湿性能など

ナイスグループのウッドファイバー(北海道苫小牧市)は、木質繊維断熱材「ウッドファイバー™」の生産・販売を強化する。原料には基本的に、北海道のカラマツやトドマツの針葉樹チップを使用。要望に応じて、スギやヒノキなどの地域材でのOEM生産にも対応する。「生産から住宅の省エネ化に至るまで、CO2の削減に寄与する。供給量が増えていけば、その分、国産材を有効利用し、山の循環利用にも貢献できる」(同社)。

また、高性能グラスウール断熱材と同等の断熱性能を有する。同社は、断熱性能+αの機能として、優れた蓄熱性能、吸放湿性能、吸音性能などの木材の特長を兼ね備えた多機能建材として訴求し普及を目指す。一般的な繊維系断熱材と比較して約7倍という優れた蓄熱性能により急激に出入りする熱をダムのように貯め込み、緩衝機能として働くことで家の中の温度変化を抑制し、結果として快適性の向上に寄与する。北海道では、この優れた蓄熱性能を生かして、薪暖房との併用で採用されるケースも多い。さらに、吸放湿性能が高いといわれるセルローズファイバーや羊毛よりも高い吸放湿性能を発揮し、壁体内の結露の発生を抑制し、室内の湿度環境を快適に保つ。

  • 一般的な断熱材の7倍の蓄熱性能 優れた吸音効果も

  • 防湿シートなしの方が調湿機能を発揮 より快適な室内空間に

  • 防湿シートなしの方が調湿機能を発揮 より快適な室内空間に

    記者の目

    木質繊維断熱材「ウッドファイバー」は、100%自然素材の断熱材であり、住む人にも、建てる人にも安全・安心な断熱材として定評がある。ホルムアルデヒドやVOC(トルエン・キシレン他)フリーでシックハウス・アレルギー対策にも貢献する。また、断熱性能だけでなく、蓄熱性能、吸放湿性能、吸音性能なども備え、住空間の快適性向上に寄与する。住宅完成後の暮らし方まで含めて、施主に対して丁寧に説明し、快適な住まいづくりに取り組む住宅事業者、自然素材にこだわる住まい手から支持を得ている。2021年4月からは、ナイスの物流センターに在庫を置き、ニーズに対してより迅速に対応できる全国での供給体制を強化した。家づくりにおいて自然素材回帰のニーズは根強くあり、全国にファンが増えていきそうだ。

    DATA

    商品 ウッドファイバー
    価格 お問い合わせください
    発売 ウッドファイバー株式会社