M.シェードⅡ

独自のトラス構造を採用したカーポート 業界最長12mのフレームで存在感

三協立山・三協アルミ社は2006年、カーポートの屋根に、3次元アルミプレートのトラス構造を用いることで、軽量かつ高強度でありながら、個性的で美しいフォルムを実現した「M.シェード」を発売した。先進的なデザインがユーザーから高く評価され、発売以来同社を代表するカーポートとなった。トラス構造は、変形しづらく、大スパン、大空間を実現しやすいといったメリットをもたらす一方で、一般的に重量化し、コストがかさむ上、施工が難しい。同社では、アルミ部材を板状の山型ソリッドに加工し、さらにジグザグ状の曲げとプレス加工を施し組み上げることで、軽量化しコストを低減し、組立てを簡略化した。そのM.シェードをさらに進化させ、2020年2月、「M.シェードⅡ」を発売。トラス屋根の魅力を最大限に生かす新構造「上吊りタイプ」と、より美しい空間を作り出すため、フレームのデザインや雨樋などディテールまで追求した「梁置きタイプ」を追加した。

  • トラス屋根の魅力を最大限生かす上吊りタイプ 梁置きタイプはよりシンプルに

  • トラス屋根の魅力を最大限生かす上吊りタイプ 梁置きタイプはよりシンプルに

  • 「梁置きタイプ」では、業界最大となる開口12mのフレームを設定

    記者の目

    三協立山・三協アルミ社がアルミ形材の加工技術の粋を集め、開発したのが、3次元アルミプレートトラス構造を採用したカーポート、M.シェードⅡだ。トラスを構成する部材にアルミを使用することで軽量化をはかり、トラス構造の特性を利用して高強度を実現。プレートトラスの製造技術は、特許を取得している。美しさと機能性を兼ね備え、迫力あるファサード空間を演出する。「これが欲しい」と指名買いされることも多いという。建材メーカー各社が中高級ゾーンのカーポートの提案を強化しているが、その中でもM.シェードⅡは、他社には真似のできない唯一無二のカーポートであり、圧倒的な存在感を誇る。

    DATA

    商品 M.シェードⅡ
    価格 お問い合わせください
    発売 三協立山株式会社・三協アルミ社