SKビューティトレビアン工法 高耐候

独自工法でサイディングの塗り替え 意匠性の維持と高い耐候性を実現

近年、サイディングの高意匠化が進んでいる。木目調や石積柄、焼き物調、多彩調など本物の素材の質感に限りなく近づけられた外壁が数多く登場している。一方で住宅の中でも特にサイディングは、経年によりダメージを受けやすい。熱、雨、湿気、結露、気温の変化といった自然環境にさらされ、一般的には8~12年での塗り替えが必要とされている。ところが、通常の塗り替えだとサイディングが持つデザイン性を損なうこともある。こうした課題を解消しようと開発されたサイディング塗り替え塗装システムが「SKビューティトレビアン工法」である。「SKビューティトレビアン工法」では、上塗材として独自の技術でさらに耐候性を高め汚れにくさを追求した「水性グラニエレガンクイーン」「エスケートレビアンコート」を使用。元々の意匠性を保ちながら、より耐候性を高めた。自然石調の多彩模様塗料を用いた「多彩仕上げ」と2色のツートン柄で自然の風合いを再現する「ダブルトーン仕上げ」に加え、新たに特にタイル調、石積調サイディングの塗り替えに最適な「トリプルトーン仕上げ」もラインアップし、商品展開を強めている。

  • 窯業系サイディングを高意匠に塗り替える

  • ハイブリッドシリコン樹脂(エスケートレビアンコート)が高耐候性を実現

    記者の目

    戸建住宅のおよそ8割で窯業系サイディング材が使われている。それだけに塗り替えの需要が期待されるが、一方で塗装サイディング材の性質や特性、欠点などを把握せずに外壁塗装を行い、塗膜剥離や表面の異変などのトラブルも発生する。SKビューティトレビアン工法は、使用する上塗材や塗装手順など工法として落とし込んでいるため、住まい手に安心して塗り替えを提案できる。

    DATA

    商品 SKビューティトレビアン工法 高耐候
    価格 お問い合わせください
    発売 エスケー化研株式会社