HRSYSTEM クローザーユニット

ソフトクローズと併用する引き戸の自閉機能ユニット

アトムリビンテックは、内装金物全般に目を向けた「裾野の広い商品開発と新たな営業戦略の推進」を基本方針に掲げ、市場ニーズに応える「ものづくり」を推進する。中でも同社の代名詞といえるのが、ソフトクローズだ。これは、油圧ダンパーと特殊なバネを組み合わせることで、引き戸などが閉まる手前でスピードを抑える機構。引き戸が勢いよく閉まる際に発生する大きな音や、指はさみの問題を防止できる。同社は、2000年にソフトクローズの開発に着手し、2005年に製品化に成功、トップメーカーとして商品の拡充を進めてきた。2019年の目玉商品として開発したのが、ソフトクローズと併用する、戸の自閉機能を付与した「HRSYSTEMクローザーユニット」(2019年10月発売予定)。高齢者や車いす利用者などが引き戸を安全に、負担なく開閉できる。高齢者向け施設など、シニア市場の深耕を図りたい考えだ。

  • 手を離した位置で引き戸が止まるフリーストップタイプも用意

  • 上吊式引戸用枠に施工が可能

    記者の目

    今や新築の引き戸には当たり前にソフトクローズが搭載されているが、アトムリビンテックがパイオニア企業として国内市場をけん引してきたといっても過言ではない。顧客からの要望に素早く対応できる商品開発力が同社の強みとなっており、毎年、ソフトクローズ関連商品の拡充を進め、その進化は留まることを知らない。2019年の新商品は、高齢者や車いす利用者がより安全に、負担なく引き戸を利用できるように配慮して開発した「HRSYSTEM クローザーユニット」。ソフトクローズと併用し、引き戸に自閉機能を付与できる。ソフトクローズ関連商品のラインナップの豊富さは他の追随を許さない。あらゆる引き戸に関連する悩みは、同社に相談すれば解消するだろう。

    DATA

    商品 HRSYSTEM クローザーユニット
    価格 お問い合わせください
    発売 アトムリビンテック株式会社