APW 511 大開口スライディング

圧倒的な眺望と採光を楽しめる大きな窓 高い断熱性、安全性、操作性も


高い断熱性、安全性、操作性も

両袖片引き窓で幅4000㎜×高さ2730㎜(あるいは幅5500㎜×高さ2000㎜)という大きさながらも高い断熱性能を持つ窓が「APW 11 大開口スライディング」である。

近年、リビングなどに大開口の窓を設け、開放感を演出するニーズが高まっている。同社によると、特に高級グレードの住宅ほど通風や採光を重視する傾向にあるという。

こうしたニーズを受けて開発したAPW 11は、圧倒的な眺望、採光、開放感をもたらす窓だ。

窓種は片引き窓、両袖片引き窓、これらと並べて使えるFIX窓の3種を揃える。

アルミ樹脂複合フレームで、ガラスはLow-E複層ガラス、トリプルガラスを用意し、高い断熱性を兼ね備える。2019年秋には真空トリプルガラス仕様もラインナップする予定だ。

また、基本カラー23通りに加え、内外木目仕様(2色)もラインナップ。これまでAPWシリーズの木目仕様は外側のみであったが、室内側の意匠性にもこだわった。

  • 窓から景色を楽しむ暮らし ゆったりとした開放的なリビングを

  • 大開口ながらも高い断熱性能で開放感と快適性を両立

  • 軽さと安全性を両立

    ■記者の目

    近年の大開口の窓に対するニーズの高まりのなか、天井まで届く高さ2400㎜程度の窓のラインナップが充実してきている。こうしたなかでYKK APが発売したAPW 511は両袖片引き窓で制作最大サイズ幅4000㎜×高さ2730㎜、あるいは幅5500㎜×高さ2000㎜までがオーダーできる。天井高があり、ゆったりとした開放感のなかで窓からの景色を楽しむ暮らしを実現できる商品である。

    室内側からの眺めを意識し、APW内外木目調をラインナップしたこともポイントだ。外観だけでなく、室内側から見た意匠性や質感へのこだわりがうかがえる。

    商品名 APW 511 大開口スライディング
    価格 お問い合わせください
    発売 YKK AP株式会社

    • コメント
    • facebookコメント