Danサイディング スパンサイディングS

業界初、SGLR鋼板を採用した金属サイディング 耐食性はガルバリウム鋼板の3倍強


重ね張り工法に対応していることからかつては、圧倒的にリフォームでの採用が多かったが、メーカー各社が、耐久性や防汚性、意匠性に優れた金属サイディングのラインナップを充実させる中で、新築においても金属ならではのデザインの採用が増えている。西日本エリアでの普及も進み、マーケットが拡大する傾向にある。

こうした中で、旭トステム外装は2019年2月から販売を開始した金属外装材「Danサイディング」のニュースタンダードのラインナップを拡充し、従来のガルバリウム鋼板の3倍強の耐食性が期待できる次世代ガルバリウム鋼板(SGL)を業界で初めて採用した「スパンサイディングS」を発売した。SGL鋼板の採用により「赤さび・穴あき15年保証」を実現。また、遮熱効果の高い着色顔料のフッ素塗料を使用することで、耐候性の向上を図り、塗膜の変色・褪色10年保証も付与した。塩害にも強く、沿岸エリアの対応範囲も広がった。

  • 2つの傾斜で構成されたユニークな幾何学デザインが特徴のジオストライプS

  • SGL採用で「赤さび・穴あき15年保証」を実現

  • 不燃材料認定を取得 非住宅向けの商品も設定

  • ユニークなデザインや、豊富な色柄を用意

    ■記者の目

    旭トステム外装の金属サイディングの2018年度の販売実績は、前年度比 10%増超。「材料販売が多いため、新築、リフォー ムの区別はつかないが、ニュースタンダードの新築での採用も増えていると認識している」(同社)と新築マーケットの拡大に手応えを感じている。そして、2019年2月に、従来のガルバリウム鋼板の3倍強の耐食性が期待できるSGLを業界で初めて採用した「スパンサイディングS」を発売。豊富なカラーバリエーションも用意した。住宅の長寿命化のニーズに応え、リフォームにも、新築にも最適な金属サイディングとして、さらなる市場拡大をけん引していく商品になりそうだ。

    商品名 Danサイディング スパンサイディングS
    価格 お問い合わせください
    発売 旭トステム外装株式会社

    • コメント
    • facebookコメント

    この製品を含む記事