LiVERNO301、302、303

業界初の多色シートを採用した内装建材 ポップ&カラフルな空間を演出


三協立山・三協アルミ社は2019年5月、室内ドア、引戸などのインテリア建材シリーズ、LiVERNO(リヴェルノ)を拡充し、ポップ&カラフルな色柄にこだわったLiVERNO 301、302、303を追加した。

インダストリアルテイストやヴィンテージテイストのように、木や黒を基調とした落ち着いた雰囲気のインテリアの人気が高い一方で、明るくて、わくわくするような色づかいの部屋が増えているという。こうした中、同社はインテリアに対する感度が高いユーザーに響くような商品を、既成概念に捉われず、業界初の多色シートを採用するなど、自由な発想で開発した。

また、新しいプロモーションにも取り組む。メーカーとしておすすめのコーディネートを発信するのではなく、思いもよらない斬新でわくわくする使い方が出てくることを期待して、人気のインテリアコーディネーターに力を借りて、自由な発想でコーディネートしてもらった。そのコーディネートのポイントを専用のサイトなどで発信する。「これを使いたい」という指名買いを増やしていきたい考えだ。

  • LiVERNO302を使用した三宅さん考案のロックなインテリア空間。ピンクと青のコントラストが目を引く。女性だけでなく、男性からも支持を集めそうだ

  • LiVERNO301を使用した三宅さん考案のシンプルなインテリア空間。ヘリンボーン柄の室内ドアが空間のアクセントになっている

  • LiVERNO303を使用した三宅さん考案のインテリア空間。ミントブルーの室内ドア、引戸がシックな空間になじむ。大きなドット柄の壁紙も遊び心を感じさせ

    ■記者の目

    SNSなどから最新のインテリアのトレンドをキャッチして、住まいづくり活かすエンドユーザーが増えている。インテリアに対するニーズが高度化、多様化する中で、メーカーにはどのような商品づくり、情報発信が求められているのか。一つの方向性を示したのが、三協立山・三協アルミ社のLiVERNO301、302、303だ。近年のインテリアトレンドを先取りし、同社史上、これまでにない“攻めた”商品に仕上げた。1つの室内ドアから空間演出の発想が広がる。そんな力を持つインテリア建材だ。

    商品名 LiVERNO301、302、303
    価格 お問い合わせください
    発売 三協立山株式会社・三協アルミ社

    • コメント
    • facebookコメント

    この製品を含む記事